オリンピックのチャンピオンはそれをつけていて破れてリチャード・ミラーの027-02腕時計を記録します

2016年の中にオリンピックについにカーテンコールにこたえるように誘って、中国は第3の成績の値打ちがある国民の誇りに位置します。小さく編んで全体を見終わらないで、でも偶然は陸上競技の男子400m試合を見かけて、瓦伊徳・ファン・ニステルローイの凱のグラムは400メートルのチャンピオン、400メートルが競走して優勝を勝ち取った後に、ファン・ニステルローイのケイトは興奮して両手が顔を覆う、職業病のが小さく編んで一目で彼の手を見た上の腕時計を獲得しました。

ファン・ニステルローイのケイトは米国の伝奇名を打ち破ってマイケル・ジョンソンを17年続く世界記録に維持するだけではなくて、以前43秒の18の記録を整えて0.15秒早めの!その上ファン・ニステルローイのケイトのすごいのは400メートルの競技場の上でだけではなくて、彼が史の上で唯一のひとつの100メートルが10秒破れるのだ、200メートルが20秒破れる、400メートルが44秒の陸上競技の選手を突破する、“史の上で最も強全の生息するスピードの王”を称することができます。

彼の手の行くあの時計は恐らく友達がいくらかあってすでに見分けて、“フィル・納達爾を引き延ばす”の腕時計と命名させられます。去年の法の網の上で、刺し縫いしてなんじがそれをつけていてすべての一試合を終えたのに達します。前区時間ちょうど終わるオリンピックのテニスの男子ダブルスの決勝戦の中で、納達爾はまたこのRM027―02をつけていて、同胞のマルク―ロペスといっしょに優勝の座を奪います。この時計はスイス単独で表を作成するブランドのリチャード・ミラーRICHARDMILLEから来て、型番は027―02で、RM27―02原型の腕時計のOnlyWatchの上の慈善のオークションの上でその夜の第2高値の650000ユーロを撮影します。

RM27―02腕時計はNTPTでですか炭素繊維は基板を製造してと輪の1形式を表して構築して、ここからモデルが建ててもう殻を表しを中心にしないのパネライコピーを表して、小屋を表してと皆一体化の基板の上で殻の底じか付けを表します。NTPTはかたい複合材料で、高の面積の体積の割合、そのため緩衝能力ははるかに伝統の炭素繊維と腕時計のよくあるすべての材質より高いです。強さももとても驚異的で、ステンレスの200倍で、チップと陀はずみ車を保護して衝撃力の下で影響を受けないことができます。新型の手動の上弦陀はずみ車のチップを搭載して、動力のメモリーは70時間続きます。

腕時計は見たところ大きくて重々しいが、しかし十分にしなやかです。透かし彫りの設計、チタン金属の橋板、たとえ超過の設置の緩衝装置だとしても、このRM27―02手動の上弦陀はずみ車のチップいつも再び3.35グラムだけ、いつも重くも20グラムしかなくて、いいえ一両まで重いです。腕時計が色を合わせるのはと構造とりわけ鮮明で、たいへん識別しやすくて、きわめて高いのがあって度を知っているのを弁別します。

RM027―02腕時計が一般のものとは異なって、スポーツ選手はそれを連れていて入浴することができて、甚だしきに至ってはそれを容赦なく地べたで投げることができます。その他の普通な腕時計は恐らく1人の優秀なテニスのスポーツ選手がこのように苦しめるのに耐えられないで、RM027は選手達にわがままで使わせ、とても鋭い陀はずみ車は腕時計が持続的に精密で必ず運行するのを保証します。今年納達爾とファン・ニステルローイの凱のグラムはすべてそれをつけていてチャンピオンを勝ち取って、それがどうしても1モデルの非常に不思議な時計だと言わなければなりません。

腕時計輸出量の大幅に下がる舞台裏のすりをもたらします

データの上から私達は容易に見て取れて、中級品の腕時計は依然として良い輸出量を持っていて、ハイエンドの製品は中等でどうしても低くおよび下落幅は比較的ひどくて、この2種類の製品の下落する主要な原因はおそらく経済の低迷と知能腕時計が衝撃してもたらしたのを招きます。

誘因の1:中国の経済は増加して緩めます

最新の税関本部がデータが見に来を公表する、中国は7月に出口の年間変化率が2.9%上昇する、2.3%上昇すると予想する、前から上昇の1.3%に値します;7月に輸入の年間変化率は5.7%下がって、1.1%下がると予想して、前下落の2.3%に値します;7月の貿易黒字の3427.56億元、輸出超過の3118.5億元を予想して、前輸出超過の3112億元に値します。容易に見て取れて、中国の経済の出口は増加で、輸入して下がっていて、これも中国のここ数年にのが経済政策を緩めてすでに微妙な変化が発生したのを意味します。それ以外に、中央の続ける腐敗一掃の行動も腕時計の業界に対してもたらして必ず影響して、海外旅行の観光客がだんだん多くなるのも腕時計の業界の下がる重要な原因を招くです。

誘因の2:知能腕時計のはかき乱します

アップルの首席のデザイナーJonathanIveは知能腕時計が去年にスイス時計工業連合会(FSWI)のリポートの中で伝統のロレックスコピー腕時計、この予言初めて現在手がかりを越えるでしょうを予言しのでことがあります。時代の発展につれて、モノのインターネットモデルはすでに次第に成熟して、物が関わって、人物の繋がる時代間もなく到来して、知能服装設備はますます収拾がつかなくなるでしょう。現在のところ、多いメーカーは皆知能設備の領域をねらって、これも今年の競争激化させるでしょうを招きます。知能設備の出現はきっと伝統の腕時計メーカーの配置を乱したので、知能設備の“3斧”はまだ継続していて、伝統の腕時計業は一体どのように選ぶべきですか?

ジャークの独ルーマニアの鉱石の美学とすばらしい期日大きい秒針のシリーズが互いに結合するのを表示して

ジャークの独ルーマニア北京APM高級品店が開業する時、つまり優雅な現れる代表的作品は新しくモデルを表すジャークの独ルーマニアの2016年に厳かに出したのがあります――隕石は期日大きい秒針を表示して、初めてはこの見得で、そして一般のものとは異なったのを開放しだすのが華やかです。

ジャークの独ルーマニアの鉱石の美学とすばらしい期日大きい秒針のシリーズが互いに結合するのを表示して、開放するでしょうどんな人を魅惑する魅力ですか?ジャークの独ルーマニアの隕石は期日大きい秒針がすでに感心する美しい解釈をしたのを表示します。これは宇宙へりで生む秘蔵の宝物を懐胎しました――広大な天の川の中小の惑星のかけら、彗星の尾の1小さく一部、同じくおそらく月あるいは火星の上で昔永久に存在して、自然と成長する岩石、宇宙の浩瀚広大な時間と空間を目撃証言した後で、限りがない神秘があって果てしない宇宙を通り抜けて地球に来て、まるで尽きることがない時空の境界線をまたがり越えて、この“日の外で来客”の非凡な魅力はジャークの独ルーマニアにそれによって製造させられて期日大きい秒針の時計の文字盤を表示して、自然とに影響するためそれ発生する雄壮で美しいしわを保留して、光芒、色は深い感と変化がめまぐるしくて、予測してはいけない筋模様の米を放っています。同時に、億万年時間に洗礼の天体の一部分が時計の文字盤に変化して言葉の非常に不思議な感銘があって、まるで人類を含んでいても最も大胆な夢に最も気が狂っていて、手首の間の筋肉と皮膚を通じて(通って)触れに来て、全体の宇宙の浩瀚広大なのスーパーコピー時計と神秘を掌握しに来ます。今年、ジャークの独ルーマニアは同時に隕石に期日大きい時の分針を表示するように出して、私達にこれらを通じて(通って)臻の時にまで(に)計算して宇宙と時間の贈り物を経験しに来る。

ジャークの独ルーマニアの隕石は期日大きい秒針が用意して39ミリメートルと43ミリメートルの2種類のデザインがありを表示して、ジャークの独ルーマニア高級品店にただ売るだけがいて、一モデルごとに全て88制限して、モデル矛の柄は高くて稀少で、それを部下のに組み入れることができるのはきっと独自の見識を持つ貴重な人です。

新作Ref.116500LNはいっそう伝統の設計に似合うようです

1965年、宇宙の計算する型の腕時計は更に進展変化して、ねじ込み式の時間単位の計算の押しボタンで元からあるポンプに取って代わって押しボタンをおさえます。ねじ込み式の押しボタンはカキ式のために殻の概念を表して画竜点睛、押しボタンに受取るのを免除して意外に抑えつけることができます。強化した防水性能を明らかに示すため、そのため時計の文字盤の“Cosmograph”(宇宙計型)字形の前に“Oyster”(カキ式の腕時計)を彫り刻みました。速度計の外側のコースがひっくり返って黒色Plexiglas樹脂のガラスの上塗りがあって、白色の目盛りは読みをさせる時更にはっきりしていて、腕時計のもう一つの新しい特色になります。このように見たところ、新作Ref.116500LNはいっそう伝統の設計に似合うようです。

このスーパーコピー時計ようにすばらしいのは導いて通して持って、その知名度は人気とすべて上流でのを言うことができて、それの正式の名前はCosmographDaytonaと称させられることができて、聞くところによると米国NASAアポロン計画の指定する時間単位の計算が装備するので、従った後に防水性能のは高まって、1988年に本当の力の時の留守番をする旗艦のチップElPrimeroの改装するCal.から搭載したのを出します4030チップRef.16520,今に至って、依然として圧倒してデザインの人気がありがいます。最新は導いて通してRef.を持ちます116500LNはロレックスを搭載したのが2000年に出した自主的にするチップであるです――Cal.4130,同時にスイス天文台の認証する精密な時間単位の計算を受けるです。

新作は導いて通してRef.を持ちます116500LN島国でのはあらかじめ売価は1180000円の(税が含まれてない)で、人民元を換算する大概は77000元で、友達の店の内で買う価格を表す島国があるのは、約人民元の12万元198800円です;5月7日。すでに友達を表して戦利品をもらった米国があって、米国の公の価格は12400ドルです;5月8日、、は中国の香港も販売を行いを始める、定価もたぶん11万人民元にある左右これは確かに1モデルがひどい時計があるのであることができます。

この時計は毒があって、みんながすべて第を味わいに行きたくてきっぱりと新鮮で、でもやはり(それとも)少し難度があります。時間はすでに何ヶ月を向こうへ行って、現在のところの国内も買ったの。北京の西単ロレックス販売店の得る情報、今やはり(それとも)すべてのモデルが予定するのが必要だが、しかし価格上からしかし上の言い美しい、の国外を比べるのがと、はとても人を引き付ける人民元の95000元はやはり(それとも)、がまた(まだ)本当に少し意外なことをを比較します。

新型が導いて持ったのを通して販売を出しにと従って、Ref116520もみんなの関心を持った対象になって、販売を停止して、生産するデマを停止するのもずっと切れたことがないだです。…が、政府はまだ統一する正式を提供していないで返答して、しかし、いくつかロレックスの販売所の内で、Ref116520もいつも現物販売がありません。今新旧(の程度)の2モデルが導いて通して持つがすべて自分の追随者があって、しかしロレックスの角度から考慮に行って、新作は導いて通してRef.を持ちます116500LNの性能がもっと高くて、損耗するのもも更に少なくて、そのため、Ref116520のが生産を停止するのは有り得なかったがのでもなくて、あの時まで、みんなはいたずらな中古のに行くことしかできませんでした。

5230Rグリニッジ標準時の腕時計は飛行機の主翼の造型設計を取り入れて

5230Rグリニッジ標準時の腕時計は飛行機の主翼の造型設計を取り入れて、古いモデルと比較して、それは原本の閉じ込める形の時計の針をパンチ式の設計に変えて、とても南の十字の星の星座の図案に似ています。時計の文字盤の彫刻は技師のから手製で完成して、十分にその精致で、きめ細かい1面にわかります。パネライコピー時計の文字盤の外側のコースは真っ白い下色で24基の都市をはっきりと示して、24時間よく合って昼夜回転台を指示して、はっきりしてい読みやすいです。

Calatravaシリーズの7122/200R腕時計の表す殻は採用するの18Kバラの金で、小屋を表して44粒のダイヤモンドを象眼して、表すのは直接34.88ミリメートルで、215PSを搭載して手動で鎖のチップに行って、動力は保存して44時間になって、サファイアの水晶の鏡映面と底はかぶせて、30メートル水を防いで、腕時計のバンドの材質はワニのサメ皮で、それ以外にこの腕時計は同様に18Kプラチナのモデルがあります。

今年のパテック・フィリップの今年の主なおす女性として表して、Calatrava7122は簡単な小さい3針の設計は簡単にしかし並外れていない風格を現して、18Kバラの金は殻を表して、耳の曲線を表してと小屋を表してしっかりと外形設計の上の一つの特色のため繋がります、。真っ白い時計の文字盤はつるつるしている1面を現して、金の質の立体のパリが紋様の図案を打つ時表示してとりわけ目立ちに見えて、象眼する44粒のダイヤモンドを表すのも殻の上で眼の玉を書き入れるペンを果たすことができるでした。

215PSは手動で鎖のチップに行って、直径は21.9ミリメートルで、厚さの2.55ミリメートル、130の部品と18粒の宝石から構成して、動力は保存して44の小さい時になって、奮い立つのはしきりに28800回/毎時間です。

Stellaの風格はDD中に応用するだけではありません

Stellaの風格はDD中に応用するだけではありません。2013年、ロレックスはまた(まだ)同じ技術はいくつかの巻物を製造して導いて通して持って、通し番号は6263と6265で、共に4種類の色、総生産量は20まで、ロレックスにただ供給するだけの内部の高官、親友、特殊な取引先。

これが導いて通して持つきわめて神秘的で、甚だしきに至っては今なおすべて公然と発表する写真がありません。

それ以外に、特殊なStella腕時計がまだあるのロレックスコピーは中東側、これで更に世にも珍しいの玩具です。

たとえば、有名な両刃物logoの緑の面DDに付いています。logoの上の曲がっている刃物はペルシアオマーンの伝奇的な武器で、地位は中国の蒼竜の半月の刃物を比べることができます。

このlogoの時計を持って、普通なのはオマーンの国王が特に注文して作らせて奨励軍隊あるいはで国家に対して特殊な貢献の人がいるのです。
だから、Stellaの一大の難点を研究して、各種の特殊なバージョンが本当に多すぎるで、その上世を保存するのがまばらで、統計しにくくて総括します。

ブライトリングは緊急に救助を求める腕時計の2世代はCospas-Sarsat

ブライトリングは緊急に救助を求める腕時計の2世代はCospas-Sarsat全世界の衛星によって探してシステムの特殊要求を救って、配備して24時間2種類の異なる周波数の信号の小型を発送して器を発射するのブランド時計コピーを続けることができます。それはまず406メガヘルツの周波数で衛星に数字の警報の電磁波による信号を発送して、持続時間は0.44秒で、インタバルタイマは50秒です;その後121.5メガヘルツの周波数で発送して位置付けと救援するアナログの電磁波による信号を導くことができて、持続時間は0.75秒で、インタバルタイマは2.25秒です。

過程で開発していて、デュアルチャンネルが器を発射するのは一つのきわめて重大な技術が挑戦するので、さすがに器を発射するのを放置するのが狭い腕時計中で1件の容易な事ではなくて、だからサイズは必ず腕時計の設計に合わなければなりません。幸いにブライトリングが協力するのと1家がもっぱら航空、国防と工業研究機構を研究するので、デュアルチャンネルは器を発射してサイズと信頼度の方面ですべて記録を作ります。

エネルギーが供給するのがブライトリングで緊急に救助を求める腕時計の2世代の研究開発の中で極めて重要です。Cospas―Sarsat全世界の衛星が探して所要システムの信号を救う零下の20°Cでさらに24時間の信号発射を続けるのを保証します。持続時間と温度の要求の以外、また(まだ)デュアルチャンネルが器の特殊性を発射するのを考慮して、その交替で運行したパワーの等級の明らかに異なる121.5メガヘルツの周波数のパワーは30ミリワットで、406メガヘルツの周波数は5ワットで、これは使う一定電流が必ずいなくてはなりません。

大量の研究を経て、最も理想的なソリューションがパワーを採用して普通な電池の2次電池より大きいです。しかし、市場はこのような電池がありません。そのため、ブライトリングとこの領域の1家の尖端機関は協力して、これは緊急に救助を求める腕時計だだけのために全く新しい2次電池を設計しました。それ以外に、緊急に救助を求める腕時計の2世代の信頼できる性能を確保するため、ブライトリングはまた(まだ)1モデルの充電器を研究開発して計をテストして、定期的に電池のために充電することができて、そして自動検査は器を発射して正常に運行するかどうか。

模様を刻む表す冠は1958年の出す型番ため7924の大のために冠の腕時計を表します

続いて言うのは実際には今日の主役で、開けて青玉の湾の古い銅のモデルを被って、そのウブロコピーすばらしい場所はチュードルの初の潜む水道のメーターの設計の精髄を伝承したのにあります。

それはMT5601の大きい3針の基礎型を採用して自動的に鎖のチップに行って、同様に70時間の動力を備えて、スイス天文台の精密なのを通して必ず幸運で認証します。チップに関してあなたが必ず知っていなければならない1件の事があって、チップの型番の中MTは訳して“Manufacture TUDOR”(チュードルの製造)になって、これっぽっちは絶対に設置して強いるのに値するので、しっかりと心に刻んだのに値します。

古い銅の腕時計のバンドの上で更にチュードルの入念なのを見抜いて、基本スペックの茶褐色のベルトは紋様の腕時計のバンドを編みと復古するテーマに迎合して、かえって何分(か)の質素な味があります。

しかし、古代のものの模造の風格の設計は古い銅のモデルがいるだけではなくて、青玉の湾の黒色のモデルを被って黒色の復古の皮バンドの効果に古い銅の茶帯で傲慢なように選択して使用するのを開けます。

おなじな大の3針の設計、どれだけはチップと古い銅のモデルとても大きい違いでないを当てることができるべきで、MT5602の自分で作るチップを採用して、チップの直径のサイズは少しギャップだ以外、その他は異なりません。

チュードルは2015年から研究開発する自分で作るチップMT5601、5602、5612、5621の(付加のカレンダーが一瞬で表示を蓄えるのに跳んで、動く)が新作の腕時計に用いて1歩向上してそれのハイエンドの表を作成するブランドのイメージにしっかりしていたのを始めて、広大な時計の謎にとって多分すでに十分にあげて表す理由を買って、でもとれたての物を食べてやはり(それとも)有り得る代価のを払って、もしもどなたは友達を表して今年のチュードルの新作を手に入れて、私達と必ず分かち合って体験を使いを覚えていなければならなくて、写真は文字と投げてきて、要らないのがけちです。

ランゲの表を作成する大家はチップが組み立てるのが腕時計の“性格”の肝心な点を決定するのを深く信じます

ランゲの表を作成する大家はチップが組み立てるのが腕時計の“性格”の肝心な点を決定するのを深く信じます。それゆえに、彼らはこの重要な表を作成する過程の上で大量時間を供給して、中はたくさんの設計の巧みな措置に関連します。第1ランドで組み立てる時、上鎖器は幸運な輪列などの補助系統と互いに結び付けて、チップ成型します。

ランゲの腕時計は多くて精密な表を作成する品質の標準に集まって、コスト効果のためにこれらの要素を諦めることはでき(ありえ)ません。ランゲは完璧な精神に努めて始終変わらないで、それぞれのチップ部品の修飾の更に精密なワシに対して細く磨いて、すぐ一部に隠れてもまだなくてなおざりにする、うろこの紋様、円の紋様、で紋様をまっすぐにしてそのために太陽の紋様が面取りと光沢加工処理を通じて(通って)飾り、部品へりを行います。

手製で添え板に順番に当たってSaxoniaごとにをただ1つの芸術の傑作にならせを並べるのを彫刻します。浮き彫りは人手で精製してなります。横方向の固定的なねじのクラシックのガチョウの首式のてこを結び付けるのはもう一つの伝統の特徴、それによって精確な調子の学校の振動システムです。

ドイツの銀の作る3/4添え板を処理するのを経ていないでランゲの特色の中の一つです。最後に組み立ての過程を行う前に、添え板は伝統の格拉蘇蒂のヒシの紋様に扮します。Saxoniaの添え板は4粒の宝石軸受の固定的な黄金のスリーブで。表を作成する大家は第2回の組み立て段階の前に手仕上を行って、また藍鋼のねじでスリーブを添え板の上でではめ込みます。

2重の組み立ては品質制度の中でランゲ不可欠な一環です。チップ機能が絶対に信頼できてしかも視覚の上で自然で非の打ち所がないをのロレックススーパーコピー確保するため、チップは初めてが組み立てた後にですぐさま全く解をはずします。その後、すべての部品が入れるのは超音波清浄器の内で清潔です。一部のモジュールは第2回が過程を組み立てて始まる前で、ようやく装飾することができます。第1ランドで採用する固定するねじを組み立てて、この時全く新しい藍鋼のねじに替えます。

全ての新しい型番は常規の生産する資格を得る前に、全て時計工場の実験室ので内で一連で必要な圧力のテストを受けなければなりません。ファイトトロンの中で、腕時計は続けざまに必ず循環して交替したの湿っぽくてひどく暑い環境が乾燥していて寒いのにと耐えなければならなくて、それが世界各地の天気の条件を防ぎ止めることができるのを確保します。

最後、腕時計ごとに期間にするを通じて(通って)必ず週間の完全な機能と精確なテストを数えなければなりません。この時腕時計の外観も厳格なランゲの品質標準的なことに合わなければなりません。徹底的に最後に検証した後に完成して、Saxoniaは正式に発表されることができます。