IWC万国は文西の自動腕時計の36を表現します(型番:IW458307)

彼女は美しい風格を開始しました

生まれつき冷ややかな顔のイラク莎のベル・を持参するのがPare(Isabelle Huppert)で標準的なスクリーンのスウィートではなくて、影の50近く年間から開始しだして風格の純粋な米をひとつだけ持っています。《編む女の子》、《ボヴァリー夫人》、《ヴァイオレット・承諾する珍しいeiなんじ》、《女の風流な事柄》、《ピアノの教師》、あまり挙げる現代のフランスでない更にはヨーロッパの映画の中で、彼女は取って代わってはいけない伝奇です。マイケル・哈内克が彼女“を評価しのでことがあって極致が心身の苦しめられた苦しい立場を表現することができて、同時にまた(まだ)かたい知識人の風格を維持して、両者を結び付けるのがこんなに良いことができて、私はまだ2つ目を見たことがないです。”

Pareで自分で焼き入れして冷やかで感動させる心の米を精錬します。彼女は落ち着いている下のヒステリーを表現するのブランド時計コピーに優れて、女性と力の衝突を展示するのに熱中して、役のが選ぶにもたいへんけちをつけて、よくただあれらだけを演じて大幅で個性的なきわめて強い高の難度の役があります。去年に上映した映画《彼女》の中でPareでまさに言って、“私がとても気が狂っているのを知っているのが何でした”のようだ。すべての“気が狂っている”を芸術に投じて、Pareで芝居の作品の中で絶えず人間性の深さ、強い勢い主導的なの自分の人生を探求します。

第70期のカンヌ映画祭(Cannes International Film Festival)はすでに2017年に5月17日に厳かに開幕しました。その中、マイケル・哈内克の監督、からPareの主演する《楽しい結末》(HappyEnd)で映画祭の主な競技ユニットに入選します。この映画は1つのフランス北部の中産階級の家庭を述べてムスリムの難民の持ってきた各種の生活と精神の上で困るストーリに直面します。

愛彼皇室のゴムの木のシリーズの時間単位の計算は時計を積み重ねます

父の好きな分秒の瞬間を描写します

父はよく分秒間のが勢いがすさまじいに、愛彼皇室のゴムの木のシリーズの時間単位の計算から時計が精密で必ず描写するのロレックススーパーコピーを積み重ねます。皇室のゴムの木のシリーズの時間単位の計算は時計の時計の文字盤が微妙な設計の昇華を経るのを積み重ねて、全く新しい美学が現れます:清新で明るいバイカラーの時計の文字盤設計は全く新しい細部処理を通じて(通って)、近代的で派手なスポーツの風格は真っ向から来ます。

青い“GrandeTapisserie”の大きいチェックは時計の文字盤を飾って銀色の副時計の文字盤とよく合ってとてもすばらしい目盛り明瞭度を創建し営んで、実用性の複雑な機能運動の腕時計の並外れているのになって選びます。

時間の等式の革新が精妙です

ブランドの創立者のを引き延ばしますおじさんはめったにない–ルイ・ブレゲ(A.-L. Breguet)先生は彼の一生の非凡な才知をすべて時間に度量の事業に傾けます。彼は比類がない熱意がこもって多い革命的性質の初めての試みの名声が知れ渡る宇の内で頼って、名誉を得るのが無数で、ファンは更に数えきれないで、欧洲史上でだけあって、フランスの国王のルイの18は彼の有名なファンだのでことがあります。1814年、ルイの18がパリでブレゲを任命するのはフランスの経度委員会の成員です。経度委員会はフランスの国民の同業組合から1795年に設立して、地理(学)、航海と測地学(研究と測量の地球の物理の形態の学科)などの領域の応用で天文学の各分枝の学科の発展を推進するのに及び力を尽くして、主要な職責は毎年日の文星暦を出版して専門の参考を表してなど本を使いを含みます。経度の委員の約20人の成員評判を構成するのが全て顕著で、幾何学者、天文学者、航海家がと業界の巨頭に関連しているのを含みます。ブレゲは時計として界のその名に恥じない権威を学んでと唯一代表して、委員会の中で重要な1席のの人を占有しても名実ともに備わります。

1815年10月27日、ブレゲの大家はまた特別の光栄を得て、ルイの18はブレゲに“フランス皇室の海軍御用精密時計メーカー”の政府の称号を授与するのをさせるのブランドコピー時計を公布します。航海する精密な時間単位の計算はきわめて詳しくて深い専門の科学の知識に関連して、そのため、この称号は表を作成する師所の勝ち取ることができる最高な特別の光栄と言えて、同時に国家の責任を担いを意味します。その時、航海する時間単位の計算装置が艦隊に対して極めて重要で、使えて艦船を推計するに海上の位置にあって、国家で戦争を防いでと指揮するのをつけて全局面を左右する効果があります。