飛行する長官のシリーズのプロペラの自動腕時計の宇宙飛行の軍事の風格はもう1度刻みます

スイスの表を作成する技術の米国の腕時計のブランドの威のグラムのマン(Wakmann)をこね合わせて、新しく飛行する長官のシリーズのプロペラの自動(JetmasterPropellerAutomatic)の機械の腕時計を出します。威のグラムのマンを米国空軍のために軍の常に計算する悠久の歴史に提供して、変身してもう1度風格の近代的な腕時計を刻んで、いつも者をつける資格があるために精密で正確な時間を知らせる器具を提供します。

【もう1度美学を刻む】
威のグラムのマンは第2次世界大戦の時に、得て米国の軍の側の時計供給業者に委任して、その時何モデルもの専門の飛行を開発する時計算して、戦機と旅客機が船内の専用のタイマーを運転するのを含んで、各式の飛行する腕時計となど。新しく飛行する長官のシリーズのプロペラの自動腕時計、霊感を設計してブランドのつきあいの1モデルに源を発して8日の動力備蓄物の飛行機の機関室のメータ板の時計があります。きんでている時計算して無数な飛行機師になって精密で正確なのを提供して時間を知らせて、使う航空会社が米国東方の航空(EasternAirline)を含む、米国の航空(AmericanAirlines)、ユナイテッド航空(UnitedAirlines)、オランダ航空(KLMRoyal DutchAirlines)とロッキード宇宙飛行会社(LockheedCorporation)など。新作の飛行する長官のシリーズのプロペラの自動腕時計は或いは粗製の小麦粉の時計の文字盤、白色の分の目盛りがまたカーキ色のアラビア数字の時に針を表示してたたくのなのにも関わらず、すべて当時のメータ板の時計の設計の風采を目の前に再現します。

【軍事の時に表示する】

42ミリメートルは殻を表して堅固な316Lの精密な鋼の材質を採用して、また黒色PVD処理を通じて(通って)、外観に1部ちょうど陽の神秘的な感覚を追加させます。底を透視するを通じて(通って)かぶせて、黒色の時計の文字盤の設計の配置が空軍を満たしにわかる時計算する元素。腕時計のポインター設計の霊感は飛行機の三つ葉のプロペラに源を発して、時計の文字盤センターのトーラスの内でシンプルな小型のアラビア数字の標示の1~12ので小さく常に表示して、トーラスの外で大型のアラビア数字の標示の分、秒間時にで表示して、軍事の戦闘の中で分秒の精密で正確な厳格な追求に対して踏襲しました。12時の位置のの時に表示して更に特に矢じりの標示を使って、赤色の矢の形設計と秒針はお互いに呼応します。6時位置「30」字形は特に細い字を使って、とを組み合わせて6時の位置のカレンダーのディスプレイウィンドウにあります。

【小型の気管技術】

時計の文字盤の外縁部は同時に目盛りの標示で、整える時位置が更に用意して発光する小型の気管技術ブランドの導入するスイスの先進があります。この1の技術、息ライトごとにに外付けの光源のが状況で単独で皆蛍光を出している必要はなくてよいです。光線は普通な飛行する腕時計の採用するチタンの発光塗料の光度の高に比べて百倍を越えて、寿命更に長期に25年続きます。12時位置は配置するのダイダイ色の小型の気管で、その他の11が整える時を緑色に表示します。時目盛りを表示してつけて発光する小型の気管を除いて、気丈な2つのバイカラーの時計の針の分針もそれぞれ配置して発光します小型の気管。大いに暗い環境を高めた中の読む性、同じく腕時計のもっとの型格に目を楽しませさせます。

【スイス制の自動チップ】
背の底を表してかぶせるスイス制を自動的に鎖のチップCaliberWA8000の機械的な構造に行くのが最も目を受け取る低くならせて、チップと中央は回転して陀を並べて同様に黒色PVD処理を使って、全体の黒色を保存して惑わします。陀上を並べて更に青い威のグラムのマン「両W」円形を印刷してあって表して、動態化を腕時計の運動エネルギーにならせて、用意するために動力を注ぎ込む36時間の動力備蓄物のチップがあります。腕時計は掛けてカーキ色の腕時計のバンドを下に敷いて、チョウのぬいあげを付けてあってボタンを表して、者の日常生活の使用をつける資格がありに便宜を図ります。

パイロットのジャンバーの基本スペック――bomber watch

米国の第二次世界戦争の時期の腕時計のブランドの威のグラムのマン(Wakmann)に源を発して頼って精密で必ず軍用の時計算する範疇と流行の腕時計の設計の分野の長年に経験して、威のグラムのマンの腕時計設計はすばらしい技術と流行設計の間で万事順調にいきます。

威のグラムのマン(Wakmann)の創立者の威のグラムのマン先生(IckoWakmann)はロシアのユダヤを出す子孫人で、2回の世界大戦は初期郷里を遠く離れて行ってポルトガルまで(に)腕時計の業務を経営して、更に多数のヨーロッパの高級の腕時計のブランドと協力しのでことがあります。1943年初の威のグラムマン先生は米国国内の多くの腕時計のメーカーをしっかり見て米国の軍の側のために軍用設備を製造する尽力しなければならなくて、商業の常用時の計算する業務に両方に配慮を加えることはできません。そこで彼はニューヨークに行って時計のブランドに発展するのを決定して、すぐ得て米国の軍の側の正式の供給業者に委任して、米軍がきんでている品質を供給する時のために計算します。戦後にの1946年、威のグラムのマン先生はニューヨークで正式に威のグラムのマンの腕時計会社(WakmannWatch Company of NewYork)を創立してそして翌年にニューヨーク取引所で発売します。1950年代に、威のグラムのマンはスイスのジュネーブ飛行時計ブランドブライトリング(Breitling)と協力しのでことがあって、共に一連の「ブライトリング-威のグラムがしなやかだ」専門のタイマーのシリーズを出します。威のグラムのマンが製品を出す時計算する手紙は四大範疇を含んで、専門のタイマー(Timers)を含みます;合って最新で軍用の技術水準の専門の航空の時計算します(AviationTimepieces);スポーツ型と多機能の腕時計;流行の腕時計。

百数年前のはなやかなのはつまり“色彩の卵”の中の機械の小さい象で、1匹のチベットを行いました

もしも私とあなたは言います:“hey,あなたは知っていて、イギリスの王室は1頭の象の人形ei”が見つかって、あなたは必ず言えて、これは大げさに騒ぎがなにかあります。しかし嘉お姉さんはどうしてもあなたに教えて、これは本当にとても重要な事です!この小さい象の人形のため、1件が百年余りの歴史の貴重な真珠や宝石を持つのです!

先月、1件の小さい象の人形は人々の視線の中で、これ黙々としてイギリスの王室の収蔵品の倉庫中で長い間のの“小さい興味”にひとたび、ほかの、ためにこれがFabergトのマークの小さい象を連れている、露ツアーのためにFabergト作る第8の色彩の卵から来たため大きな風波、引き起こさないでを発見したならのように待ったのが現れます。

先に焦って色彩の卵の形を評論しないでください、それだが決して“色彩”でない、甚だしきに至ってはあなたの想像と必ず出入りするのがいて、しかしあなたは想像することができて、この卵の殻は半透明のひすいから製造したので、最もアウトサイドの入り組む骨組みは多いダイヤモンドが象眼するで、とても派手です!

調査によると、この精致な小さい象の人形は象牙のから作って、全身の自然な色の上で、ひとつのは全身黒い人を通して座って頭のてっぺんの上で似ていて、人形の全体の色調と鮮明な対比を形成しました。また後ろへ見て、象が背負って伏せている多彩なきらきら光る真珠や宝石絶対に人を欲しくて一体探らせると。エナメルの制作する壁掛けは各式のダイヤモンドの装飾といっしょに当たって、まったくとてもきらめかないでください!

先にひとまずあなたのあごを片付けて、嘉お姉さんがまだ言っていないで終わるためです!事細かに見て、小さい象は2つの真っ赤な目を持って、鋭く生き生きしていて前方を注視していて、この明るい象の目、ルビーで象眼してなるです。

その外、この小さい象それとも1匹の活発で動かしやすいチビ。動力のメカニズムのそれを搭載して、柔軟なスポーツに評論を加え紹介して、幸運なのは色彩の卵の中の最大の意外な喜びになって、さすがに、百数年前誕生するそれこのように能力があることができて、確かに貴重な事です。

Fabergトの復活祭卵は世界に名をとどろかして、全世界に貴重な品だと見なされて、これはそれのはなやかな外観のだけではありませんため、更にそのきめ細かい技術が作るためです。

1885年の復活祭、その時のツアーのアレクサンダーの三世は皇后にマリアを1部の特殊なプレゼントを送るため、わざわざ御用真珠や宝石設計会社Fabergトオーダーメイド1つの精致な色彩の卵に使って、当はただこの色彩の卵がきれいだと思って、それの中に黄金のつくる卵がまだありに思い付かないで、卵の中に1羽の精巧な金のメンドリがまだいて、金のメンドリの腹の中にいちばんダイヤモンドの埋め込みするミニ後の冠とひとつのでルビーのつくる小型の卵で1もあります。そのため、復活祭色彩の卵ははなやかな全世界を始めます。