有利にも弊害の人に好きでしたり,恨んだりさせる陶磁器の材質があります

陶磁器(Ceramic)はどこにもいなくなくて、それなのにいつも簡単に決して会うのではありません。当面表を作成する業界の中で、陶磁器は最も流行している材質の中の一つで、その品質は多いブランドの愛顧を受けて尊重します。高光背後、陶磁器は私達のために異なる方法の使用するすべての新世界で1つの異なる材質が現れました。それは様々な長所を備えて、しかしも軽視してはいけない少数の欠陥があります。

陶磁器の材質は初めて時計が製造するのに用いて、20世紀まで80年代さかのぼることができます。まず、ここの言った陶磁器は厨房の食器棚の採用する“陶磁器”といっしょくたにするべきでなくて、ここは関連して、ハイテクの陶磁器です。陶磁器は多種の異なるタイプに分けて、それらはいくつかの共通の特質を備えて、これらの特質、それらが人気な原因を用意してあるでした。表を作成する業界の使用する10が異なる陶磁器の材質を植えるのを数える中で、酸化アルミニウム(Al2O3)と酸化ジルコニウム(ZrO2)は最もよくあります。

IWCの技師の自動腕時計AMG黒色のシリーズの陶磁器版はボロンカーバイト(BoronNitride)を配備して殻を表します

陶磁器が酸に強くて、腐食を酸化しにくいです;陶磁器が摩擦に強くて、かききずを発生しにくいです;陶磁器がかたくて、ねじ曲がりにくくて変形します。この3種類の特性、陶磁器に殻を表して大いに得ることに成功させます。その他に、とても長い時間来、陶磁器もチップの部品が製造するのに用いるに、例えば位置して陀下の球形のベアリングを並べて、その運営が発声するのはとても独特です。しかし、これはまだ全部ではありません。IWCの全く新しい52000型のチップは自動上弦の構造の中で陶磁器の歯車を使用して、主な目的は部品の磨損を減らすのです。

中チャドのミュアーRM07-01レディースファッションの腕時計、茶褐色TZP陶磁器を配備して殻を表します

よく聞いていて、陶磁器が難攻不落で、しかしこれは決して全く正しくありません。事実上、陶磁器の製造工程はこのような材質を決定して必ず長所と欠陥を兼備します。ハイテクの陶磁器は粉末の形式でプッシュの鋳型なければなりませんに、陶磁器の粉末の融点がきわめて高くて、金属のように先に解けてまた傾倒することがあり得ません。相反して、陶磁器は粉末冶金のからなります:粉末の粒子は相互を通じて(通って)拡散を溶解して粘って1つの連続した全体を結びます。このような技術の長所はあって、陶磁器の内部は隙間を残して、材質更にしなやかです。酸化アルミニウムの密度は3.9グラム/立方メートルのセンチメートルで、比べて見て、チタンの密度は4.5グラム/立方メートルのセンチメートルです。硬貨の別1枚、陶磁器の内部の隙間はひびを形成することができて、1歩進んで壊滅的にひびが入るように誘発します。

盛んな刺し縫いする海Radiomir Composite®3 Days–47ですかミリメートルの3日の動力は腕時計を貯蓄します(PAM00504)

忘れないでください、陶磁器の硬度がきわめて高くて、過ぎたるはなお及ばざるがごとしと言う文の話があります。陶磁器の構造は融通性がなくて、衝撃して、壊れ物注意であることに耐えません。現実の生活の中で、もしもつける陶磁器の腕時計は吹いて厳しい試練に耐えられる物(例えば岩石)を漕いで、何(で)も発生することはでき(ありえ)ないです;うっかりもしも落ち込んだら、殻を表しても運よく免れることができます;しかし力を入れて持ち(投げ)出して、割れる危険があります。性能にとって、陶磁器はほとんど精密な鋼の裏側で、これも前者を釈明してどうしてこのように加工しにくいです。硬度がまた壊れ物注意が高くて、加工の中でその実施に対して適切に制約しにくくて、粉末冶金段階成型するのはととりわけ肝心で、いかなるミスはすべて恐らくひどい後の結果を招きます。

ジャガー・ルクルトの陶性合金の深海の時間単位の計算の腕時計

陶磁器のもう一つの長所、収容性が強くてで、その他の材質と解け合うことができて、1歩進んで性質を変えます。中チャドのミュアーTZP陶磁器は2酸化ジルコニウムと酸化イットリウムの相互作用から来て、衝撃抵抗は更に良いです。宇の大きな船は表して多い隙間のボロンカーバイトの胚体中で液体の24K純金を注ぎ込んで、質量比の25%/75%、このような独特な合金が18Kと称させられることができるのを意味します。それが貴重で、またつぶしを防いで吹いて、これは宇の大きな船はだけある魔力の金を表します。

柏莱士はAviation BR03-92腕時計で中間段階の実験をして青い陶磁器を検査しました

陶磁器の長所の外の一種の方法を利用して、アルミニウムの表を作成する殻を導いて化学反応が発生するのです。盛んな刺し縫いする海はすでに実践に付して、成果は“Composite”の材料というのです。アルミニウムの表を作成する殻は真空環境の中で酸化反応を行って、表面のアルミニウムは酸化アルミニウムに転化して、これは最もよくある陶磁器の形式で、たいへん吹きに耐えます。殻を表して原始の材料の美点と欠点を保留したのに問題があります:材質がしなやかで、伸ばすことができて、しかしへこんでいる跡を発生しやすいです。ジャガー・ルクルトのまた面白い創造――すぐ“Cermet”(陶性合金)、チタン金属から骨組みを構成して、また陶磁器で強化します。

シャネルJ12-G.10腕時計

陶磁器は人間工学に合って、また美学の優位があります:触感が、断熱につるつるしていますと。厳しい日差しの下で迅速にブームになるチタンあるいは鋼の腕時計と異なって、陶磁器の腕時計は夏季にもさわやかなことを維持することができます。大部分が陶磁器は自然な黒色で、これも表を作成する業界の流行っている色です。PVDあるいはDLC表面の処理とと違い、陶磁器の色は恒久でで、摩耗することはでき(ありえ)なくて、時間の経過が暗いにのも従うことはでき(ありえ)ないです。ある陶磁器は自然な白色で、まさにシャネルの深い愛のJ12シリーズの腕時計のようです。陶磁器はチョコレートの色のです。陶磁器も全体を行って染色することができて、柏莱士の青いと緑色の腕時計は役に立つ試みです。事実上、柏莱士とシャネルの使用する生産の施設は2が決して送らません。

一回の重要なアップグレードのランゲDatograph Up/Down腕時計

Datographの誕生、高級の時間単位の計算のために領域を表して全く新しい活力を注ぎ込みを積み重ねて、それはドイツの高級を含んでいて技術と設計の方面のダブルスタンダードについて表を作成して、しかしランゲの第1世代の高級な時間単位の計算としてモデルを表して、それは絶えず改善するに値して、更に苛酷な現代の高級の腕時計の要求を満足させる。2012年、ランゲはDatograph Up/Down高級な時間単位の計算に時計を積み重ねるように出して、これは一回のDatographに対する重要なアップグレードです:大型のぜんまいの箱を配備して、もとは36時間のが動きを引き上げに蓄えて着いて更に日常のつける60時間に合います;6時に位置は運動エネルギーを増加して表示します;技術の上でもランゲの自制する振動システム(並べて空中に垂れる糸の構造に順番に当たる)を使いました。2004年に、ランゲ便はすでに薩克森のシリーズの両で針の時間単位の計算を追って時計の中で自制を使って並べて空中に垂れる糸に順番に当たりを積み重ねて、2010年、ランゲはまた高級の時間単位の計算をチップのを表して動いて60時間まで引き上げを蓄えるのに積み重ねて、2012年に至って、Datographはやっとこれらの十分にそろっている技術の条件の下で、今回を完成して越えて、それ以後、Datograph Up/Downは多い高級の時間単位の計算が家の愛顧のを鑑賞して新しくモデルを表しを表しを積み重ねるのになりました。

ランゲが全く同様で1999年に初めてDatographこの伝奇の時間単位の計算に時計を積み重ねるように出して、Datograph Up/Down腕時計が2012年に出す時同様にプラチナの金を採用して殻の材質を表して、型番の405.035、腕時計の直径はDatographの39ミリメートルから41ミリメートルまで増加して、このため大型のカレンダーの窓も4パーセント拡大しました。機能を増加したけれども、しかし厚さはただ0.3ミリメートルだけ増加して、ほとんど見落とすことができて、珍しさに感心させられます。腕時計は全くランゲDatographのすべての特性を備えて、内部はL951.6を搭載して手動で鎖の機械のチップに行って、共に451の部品を使って、46の宝石、複雑な程度はとタイプの高級な時間単位の計算がチップを表しを積み重ねるのを越えます。

最初のプラチナの金の405.035以外、2015年、ランゲは18Kバラの金に殻のデザインを表すように出して、同様に黒色の誠実な銀の時計の文字盤で、銀白色の副時計の文字盤、鮮明な色調の対比は時間を読み取るのが非常に手っ取り早くさせます。内部のチップはランゲのチップの多くて精巧で美しいのを総合してとを設計して潤色して、美しい藍鋼のねじ、ドイツの銀の添え板、手作業の彫りが添え板、ガチョウの首に順番に当たって微調整を、黄金のスリーブなど並べるのを含んで、その中の時間単位の計算の一部の鋼質のてこの曲が潤すのが婉曲で、中心の主要な輪列地区を回避で、協力するガイドポストは構造に順番に当たって、時間単位の計算の精確なのを実現するだけではなくて、同時に時間単位の計算操作を高める時機械的なフィード・バックの手触り。

IWCのポルトガルのシリーズIW371491腕時計

腕時計の直径:40.9ミリメートル
殻の厚さを表します:12.5ミリメートル
チップのタイプ:自動的に機械的です
チップの型番:79350
殻の材質を表します:精密な鋼
防水の深さ:30メートル
評論を表します:機械操作の思うより強い時間単位の計算は時計が紳士達の好感を受けただけではないのを積み重ねて、更にこのように一部の女子学生のあがめ尊んだ時計算する中の一つ、火のように熱いIWC万国の“ポルトガル計”です。以前のポルトガルは計算してモデルを表して多く白くて、黒いのを主なにして、今回のブランドは漸進的変化の青い元素を新型の中に溶け込んで、伝統のすばらしくてよく見通しがつく設計の融合です。時計の文字盤の傾く外側のコース設置の分の目盛り、盤面に視覚の上で上品で、シンプルな風を更に備えさせます。6時およびを表示して12時位置の小さい秒の皿、30分の時間単位の計算皿を表示して、視覚の上将の全体の盤面で等分して、均整が良くて、調和がとれている設計の美学が現れます。黒色ワニの皮バンドによく合って、全体の腕時計に更に深い神秘、を現し見えるのが優雅で人を魅惑させます。