薛のの謙虚で貧しいのはただ残っていっしょに表しただけ

待ち望んでいて、待ち望んでいて、小さく編んでついに私達の“段の王様”の薛の謙虚になったのをちょっと書きに来ることができます。薛の謙虚なのは今年に本当にのが“塩漬け魚が寝返りを打つ”をやり遂げたと言えて、各種の通告はひっそりと静まりかえっているこれ10年の中に情に負けて手が鈍る私の薛を受け取って、しゃぶしゃぶなべ店を始めて、レディースファッションのネットショップ、道理から言えばできないのが貧しいです。しかし薛の謙虚なのは各種の番組に参加する時、どうしていつも1ブロックリストをつけますか?

多いネット友達と小さく編む共同の努力のもとでによって、家の中にとても謙虚なつけたことがある腕時計を探し出して、1モデルしかないが、しかしこの1モデルはそんなに簡単なことがでもないようです。観察するによって、この腕時計は盛んな刺し縫いする海LuminorシリーズPAM01392であるべきです。この終わる価格は6万左右、外形の上から見て、この腕時計は盛んな刺し縫いする海の一貫している造型設計の風格を受け継いで、藍鋼の小さい針は腕時計の1つの輝点を言うことができます。互いに盛んな刺し縫いする海のこのような腕時計、働くのが2生活する適していると言うことができて、道理で薛の謙虚なのはこのコーディネート自在の腕時計でただだけ。

Luminorは1949年1月11日に盛んな刺し縫いする海登録したのトリチウムの基の化合物で、自分で発光することができて、そのため、用いられてもとのラジウムの塗料に取って代わって、ここから盛んな刺し縫いする海もすばらしい時計の–Luminorシリーズを研究開発して出しました。このシリーズの表すのは殻の上でてこのロックアウト装置があって、防水の深さは200メートルまで達して、それは上鎖の蛇口すぐ側に寄って殻の特殊なてこ装置を表すことができるのを採用して、大幅に水の息がしみ込んで殻を表しを減らすことができます。Luminorシリーズは蛍光機能の上でもトリチウムに変更して使用して提供しに来て、ラジウムの漆がその時の一大がもう成し遂げるのを称することができるのが必要でありません。Luminor腕時計は丈夫で長持ちして、その特有な冠形は橋設計をかばって、Luminorモデルを表すクラシックの造型になって、盛んな刺し縫いする海のブランドのシンボル的な特徴にもなりました。

ひとつのとして歌謡界で仲良くして10年の歌手、段の手の身分で人気があって、この背後はなんとの辛酸です。幸いに薛の謙虚なのはひとつのが夢想する歌手を堅持するので、店をオープンする儲けるお金でアルバムを出して、同じく道理であまりかえないで表しました。今赤くなった“段の王様”もやはり(それとも)匹彼のの盛んな刺し縫いする海を持っていて通行して世の中、このようなは本当に普通ではないをのを堅持します。人々はいつも“物が主人の形のようだ”と言って、このような風格の永久に存在した盛んな刺し縫いする海、薛の謙虚なのが夢想する1つの最も良いシンボルを歌いを堅持するです。

ブレゲのすばらしくて複雑なシリーズClassique Grande Complication 3355プラチナの金は腕時計を透視します

ブレゲのすばらしくて複雑なシリーズClassique Grande Complication 3355プラチナの金は腕時計を透視して、陀はずみ車を付設します。鎖のチップの表面および、銀をめっきする18K金の表面の設置されている時計の文字盤の字を表して配備する手動の上で半月形の秒針と手製でブレゲの特有な丸くない真珠を彫り刻んで模様を彫刻して扮することを閉じ込めるのを閉じ込めて、突然その優雅であかぬけしている風格を現します。小さい秒針は直接設置して陀で輪軸の上で飛んで、空中に垂れる糸に順番に当たってブレゲの空中に垂れる糸を装備しているのを並べるのを償って、内部の透かし彫りの件を表して入り組んでいて回を畳んで、サファイアの水晶を通して底を表してかぶせて、ブレゲの複雑な機械と精致な構造は一望ですべて見渡せて、最も男性の上品な本領を現します。

ポルトガルにピントを合わせる欧州杯はそびえ立って、サッカーの腕時計はそれぞれ珍しい手を現します

近日全世界はすべて眼光をすべて欧州杯の決勝戦にあった上にピントを合わせて、フランススタジアムの内で1度上映して死闘して、最終ポルトガルは1―0でフランスに打ち勝ちました。祝うとして、私達はをこのは4つのサッカーの試合に紹介して関連していて腕時計を紀念して、すべてこの“すばらしい試合”と試合に参加する選手達の現したスポーツ精神に向ってただ敬意だけを表現します。

2014年に宇の大きな船はその全世界の最高経営責任者―FIFAアイアンのファン―で譲ります.クロード.弗のが下へ率いるに比べてブラジルFIFAワールドカップの政府の時間単位の計算になって、そして時機を捉えて大量のワールドカップを発表して特に注文して作らせて腕時計、同時に“宇の大きな船の愛のサッカー”のスローガンに開戦しました。これらの腕時計の設計はすべて宇の大きな船BIGBANGシリーズUnico腕時計で源を発して、そのためも宇の大きな船は“サッカーBANG”のニックネームを獲得しました。ブラジルの国旗が色を合わせるのを霊感にして、新作の自分で作るCaliberHUB1260チップを使って、このチップの特徴はその逆に時間単位の計算と15分の時間単位の計算機能を跳びにあって、ちょうどハーフタイムで、特に赤色で45時付けてハーフタイムの試合の時間を上り下りするのを標識。更に2種類炭素繊維の技術の処理する黒い陶磁器($26を通じて(通って)よく合って、600)専属の帝王の金と(42、200)殻を表します。

ハンカチの瑪の強い尼2014年にこの多い星を発表した時計算する005CBF、45ミリメートルのチタン合金の材質の時計の文字盤よく合う黄色の“CBF”のLOGO浮き彫りのゴムの腕時計のバンド、もう一つのバラの金は殻を表して青いエルメスワニの皮バンドと繋がります。霊感はブラジルナショナル・チームに源を発して、ちょうど国旗のが色を合わせるのもです。青い時計の文字盤はこの腕時計がすでにジュネーブの印を持って認証すると表して、緑色の5つの“勝利の星”はブラジルチームの5つのワールドカップのチャンピオンを象徴して、同様に盤面の3時(点)で地区を印刷して、小売り価格は皆$25、000.です

巴と薩のサッカーのスポーツ選手に向って相手が好きです:梅西、最も崇高な敬意を伝達して、すでにいくつかバージョンの皇室のゴムの木の梅西を生産してモデルを紀念しました。搭載して自動的に鎖の機械のチップに行って、盤面は期日の表示ウィンドウと小さい秒の皿を配備して、精密な鋼が殻と垂直のシルクを表して磨き上げて時計の文字盤($30を処理するのを含んで、800,全世界は500制限します);バラの金は殻と垂直のシルクを表して時計の文字盤($52を磨き上げて、000,400制限します);およびプラチナは殻、ダークブルーの時計の文字盤と青いベルト($84を表して、300,100制限して、図は)を示します。すべて密度を配備するのがきわめて高くて、抗腐蝕性の非常に強いタンタルの材質はつながっていっしょにいて、このような材質は機械加工がやはり(それとも)売り払うのがすべてきわめて困難でだであろうと、十分に愛される相手の行為このごろ世界で唯一だ依然として創始者の一族の接収管理した派手な腕時計のブランドの深い技と力。

ティソが実際にはサッカーと縁ができるのが1976年に、このスイスの腕時計のブランドのティソの時すばしこいサッカーの腕時計は審判をする設計のための、色のあでやかな時計の文字盤はハーフタイムを代表します。ティソの時にチェコのシリーズの今までのところ現れる相関表のモデル、サッカーの試合を持って時間単位の計算機能に関連していて、スイスのから原産して石英のチップ駆動します。多種の色のアルミニウムの材質は殻を表して選ぶことができて、それぞれのチームのユニホームが色を合わせるのを示します。黒色PVD上塗りのステンレスの時計の文字盤(図の通りだ)、背を表してサッカーの浮き彫りを付け加えます。ティソの時にチェコのシリーズのサッカーの腕時計はケイ素の腕時計のバンドを使って、売価$450は$525ぐらいに着きます。

いつも重大な試合のそれぞれ大きい腕時計のブランドのデザイナー達の霊感はでもどっと押し寄せるようで、次々と現れる時計のモデルが設計して一定がとてもスポーツファンの情緒に移動することができるのを信じて、たとえ試合してすでに向こうへ行ったとしても、人々の心の中の火種はとても長くやっと消しを続けることができて、至って次のシーズンに再び燃えます。サッカーは一つが英雄的な気概があってしかもチームの協力するスポーツが必要なので、一人前の男達は競技場の上で駆け回って、自由自在に書く情熱、疲れるのが分かりません。もしかすると試合が唯一のよいところを終えるのがついにコーヒーを手に持って目の前で漂う多い黒い目の周りを突いている同僚がないで、時改めて仕事の胸を投じました。