SF-810の表す最大の問題はGPS上にあります

実際に測る中、SF-810の表す最大の問題はGPS上にあります。GPSはランニングに従事する人にとってとても重要で、精確度は重要中の重要です。しかし実際には、GPSの精度はすべての製品に対してすべて同じで、良くて明るいForerunner225がまだPolarM400なのにも関わらず。ここの相違は主に体現していてGPS信号の使った時間の上で得ています。

実際に測る中、SF-810はずっと拾GPS信号を得ることができなくて、ユーザーは室内モデル(GPSを禁止する)を選んであるいは練習をキャンセルすることしかできません。

第2ラウンドのテスト中で、会社の提供する応用を通じて(通って)、腕時計のを開けてGPS機能に協力して、前もってユーザーの方位を記載して、この製品は25秒に探してGPS信号を得たのを使います。このような方案は同様に1つの問題が存在して、それはつまり:プリセットの住所の情報は腕時計中でただ2時間だけ、何度もの入力本当に苦痛な体験を保存します。

実際に測る中、この製品の振る舞いは良い時と悪い時があって、それとも時には甚だしきに至っては開けてGPS機能に協力する後で位置を測定することができなくて、時には丸1日すべていかなる問題がありません。

おなじな路線、良くて明るいForerunner225はおよびPolarM40通常はすべて位置付けを完成することができて、SF-810はよく問題に出会うようです。通常はユーザーが20~30分のランニングを行った後で、SF-810はついにGPS信号が見つかりました。

通常状況で、GPSの腕時計を配備するのは曇りの出会う問題が晴れに比べてで更にひどくて、SF-810はちょうど相反して、その曇りがちでの天気はすぐGPS信号まで(に)検索することができて、万里が雲の日がない中に信号まで(に)探しにくいです。

エプソンRunsenseは健康を保つの追跡する器ではなくて、知能腕時計がでもありません

エプソンRunsenseは健康を保つの追跡する器ではなくて、知能腕時計がでもありません。SF-810および、その他の2モデルの腕時計はGPSの専門のランニング用の腕時計を配備するのです。すべての3モデルの腕時計はすべてスピードに対してと追跡することができて、ただSF―810は心拍を提供して機能を監視測定して、それはからだの背後の光学の心拍のセンサーを表すを通じて(通って)、ユーザーの脈拍に対して測量します。

製品の名前が暗示したように、これらの腕時計は各種の目がくらんだ機能を提供しないで、ランニングだけのために設計したのです。ユーザーは依然としてGPSを通じて(通って)距離あるいはスピードに対して追跡することができますが、しかし製品が提供していないで専門的に良いモデルに泳ぐか乗りに用います。

Runsenseは加速度計を内蔵して、しかし計算する歩機能、毎日を提供しないで通行します距離あるいは、カロリーの消耗量。加速度計の主要な効果は接収してGPS信号に着くことができない時それによって例えば室内のランニングあるいは天気の情況がよくない時距離、測量するのです。

室内について走って、製品の測量する数値とランニングマシンの測量する誤差がより小さいです。この点とその他の製品は似ていて、例えば良くて明るいGarminVivoactiveあるいはPolarM400、それらも同様に加速度計を利用して追跡します。室内の場所にありますが、ユーザーはたぶんランニングマシンの目盛り行為によって根拠を判断して、しかしこの機能はいかなる状況下ですべて距離測量を漏らさないことができます。

格拉蘇蒂のオリジナルの“魂のスズメのシリーズ”のPavonina腕時計

魂のスズメのシリーズPavoninaの時計の文字盤の富んで精致な細部:枕型の表す殻は、時計の文字盤の中央でも精巧で美しいのを付けてあってロープの模様をねじって、ダイヤモンドで目盛り、またラインストーンとして耳を表すに、光り輝くきらめく真珠の雌の貝とダイヤモンドの象眼しだす人を魅惑するテーマの図案、紫色のリボンで腕時計のバンドとして、更に現すのが優雅です。