ブランパンの50噚Bathyscaphe Ocean Commitment II腕時計

今のところ、大衆の多重リストの工場はすでにハイテクの陶磁器の研究開発の行列まで(に)投じて、ブランパンも中の一つです。以前はの陶磁器技術とと違い、今それぞれの時計工場はすでに2酸化ジルコニウムを陶磁器として殻の最新の技術の材料に表しました。2酸化ジルコニウムの陶磁器は殻を表して持って以前の陶磁器に比べてよく変わる色と殻の更に強い硬度を表します。ブランパンの最新の出す50噚Bathyscaphe Ocean Commitment IIは制限して表して、すべての陶磁器の青いのを使って殻を表して、これは以前まだ会っていないことがあってのから私達です。ブランパンのこの新作の制限する50噚の前に、陶磁器を顔料が着色する時色に達するのが平均的に一致させて、そして十分な硬度を持って、時計界の一大が挑戦するのです。これはどうして私達の通常会う陶磁器が表すのがすべて白色、グレーと黒色です。問題があって、もしも混合する陶磁器の顔料が加熱していて過程で全く着色するか暑気にあたるのが均等でないがのなくて、陶磁器は殻を表して色褪せる情況が現れて、かつ修復してはいけないのです。私達は多くの腕時計がカラーの陶磁器を使って小屋、たとえばロレックス、タイ格HOYAなどを表しを見ることができますが。しかし現在すべての陶磁器のカラーを使って殻の腕時計を表すとても少ない。注意してください、ブランパンのこの腕時計の表す殻は、冠、時間単位の計算の押しボタンを表して、すべて旺盛な青い陶磁器を使って作ったのです。

ブランパンの方面はこのような旺盛な青いのに達するため表して、新作の限定版の50噚Bathyscaphe Ocean Commitment II生産していたのは過程で新しい着色剤と粘着剤を増加しました。殻と押しボタンを表していて、冠などの陶磁器部品の硬化を表す前に、粘着剤を低温に行って加熱します。ブランパンの方面の表示によると、この技術はすでに長年を研究開発しました。これは一つの私達のこの前に一度も会ったことがあっのでない陶磁器の製造技術です。ブランパンの新作の限定版の50噚Bathyscaphe Ocean Commitment II時間単位の計算は直径の43.6ミリメートル、厚い15.25ミリメートル、防水の深さの300メートルを表します。すべての陶磁器の表す殻はすばらしいのがあって抵抗する性能を漕いで、そしていつまでも色褪せありません。伝統の陶磁器の材質が殻を表して割れやすい欠点がありますが、壊しやすいです。ブランパンの最新の陶磁器技術は50噚Bathyscaphe Ocean Commitment II陶磁器殻のを表してランクに衝撃して大いに上がりを抵抗する、時計界の新しい技術に達したのが高いです。

ブランパンの新作の限定版の50噚Bathyscaphe Ocean Commitment II時間単位の計算は動力を使って2014年出すF385は自動的に上弦の高周波が飛んで時間単位の計算のチップに帰る、振り子はしきりに36000回/だ時、50時間、12時間飛んで時間単位の計算、カレンダーの機能に帰りを備えるのを保存するのを表します。殻を表して実情を伝えて、チップの大量技術の特徴はおよび18K金は自動的に陀だ上で彫刻する海洋が標識を保護するのを見ることができました。

ふるまいに受け答えして、将来性は展望します

全部表を作成する業界は苦しい立場に追い込まれて、ブルームバーグの報道によると、2016年におよそ価値が大きい13億の瑞郎(89億人民元を換算する)の腕時計の製品は改めて輸入する形式でスイスに帰ります。贅沢な腕時計は販売して緩めて、小売りのルートは過剰を供給して、スイスの表を作成するブランドはパートナーを小売りしてから売れ行きが悪い在庫を買い戻すほかなくて、しかしこれは後難を知りつつも危うい方法をとります。

各大グループの方面、暦峰グループは急速に反応をして、高層を再編するのを宣言します。最高経営責任者RichardLepeuと最高財務責任者GarySaageは間もなく離任するでしょう、古代インドのグラムの上品な宝、IWCとモンブランなどのブランドの責任者は抜擢して理事会に入って、積極的に変わる決心を求めるのを表示して、グループの株価は声(音)と共に上昇します。

時計の業務が全部グループの業務の中でとても大きい比重を占有するため、スウォッチグループは業界の低迷する影響を深く受けられます。少し前に、競争委員会(Comco)はスウォッチグループを断ってすべての第3者の取引先に買われていないETAチップの願いを提供して販売して、後者はETA会社がどうしても考慮しなければならないのを大幅にチップの売価に高めると表します。こうなると、ETAチップの腕時計を使って値上がりしてほとんどすでに必然になりました。

2016年の上半期、LVMHグループの時計は真珠や宝石部門の内で生まれつきの大隊と増加の4%を受け取って、持続的に業務の利潤を経営して安定を保って、1本が最も優れていて、宇の大きな船の時計はタイ格HOYAの売上高の伸び幅と更に二桁に達します。タイ格HOYAを例にして、ブランドを再調整して位置を測定して、積極的に界にまたがって協力を展開して、更には知能腕時計を試行して、若くして、流行化と国家化の発展計画は大いに得ることに成功します。Jean―ClaudeBiverは言っのでことがあります:“しかし熟していしばらく危機の市場につきあう中で、アイデアが革新するのは増加する唯一の道を回復するのです。”彼のかじをとった宇の大きな船の時計からタイ格HOYAと技術とマーケティングの革新の発展を実現しました。

ブランドにとって、骨董にもう1度と入門する機械のモデルを刻むように出して比較的確実で、もう1度すでに市場の認可する骨董のモデルを得てやはり(それとも)価格の実があるの入門する機械のモデルを発表して、すべてもっと多い消費者を触れやすいのを刻むのにも関わらず。その外、合理的に製品の売価を調整して、選択だもといえます。今年3月、本当の力の時にElPrimeroとEliteシリーズは共に14の型番だに対して減産をと行って売価を引き下げます。

アップルはAppleWatchを発表して、スイスの表を作成するブランドも知能腕時計に市場を奪い取るように出すことができます。ブライトリングの外で宇宙の時間単位の計算B55腕時計と康斯がHorological Smartwatch知能腕時計に登るのはすべて役に立つ試みです。特に、タイ格HOYAはいっしょにGoogleはインテルの出すConnected知能腕時計と消費者のを受けて心から歓迎して、聞くところによると来年のこの腕時計更に生産高を高めるのを、市場を投じます。

一般的に言えば、チップ、時計の文字盤を自製することができて殻のを表しとこのような能力のブランドを備えないに比べて更に優位があって、瞬時に千変万化する市場に直面するため、前者は明らかに更に容易に次に調整して、かじを回転してへに変わります。垂直に向かう一体化の方向の発展は成功への近道ではなくて、いっそう実力を試して、しかしところが発展戦略の根本の選択に関して、独立一族の表を作成する企業はパテック・フィリップとショパンのようだ中から利益を受けます。

スイス時計工業連合会の発表するデータによると、2016年11月にスイスの時計は香港市場の輸出額に対して同時期と比べて0.7%だけ下がって、すでに底を探ったようです。中国大陸の市場の方面、政府は消費を通じて(通って)経済が増加するのを促進するのを励まして、厳しく海外に打撃を与えて代理購入して、ブランドに関連していても積極的に受け答えして、売価を再調整します。聞くところによると、2016年10月、暦峰グループ所属のカルティエと古代インドのグラムの上品な宝の売上高は著しい増加を得ました。スイスの表を作成する業界の繁栄する復興のコネが阻むのはしかも長くて、しかし、2年持続的に低迷するほの暗いトンネルを通った後に、果てはすでに見え隠れする微光だもちろんこれは一人一人の従業者と消費者のに頼って感謝して努力をしっかりと守りますと。

ロレックスのグリニッジ型IIシリーズの116710BLNR-78200腕時計

腕時計の直径:40ミリメートル
チップのタイプ:自動的に機械的です
殻の材質を表します:904Lステンレス
防水の深さ:100メートル

腕時計は講評します:鋼の腕時計に話が及んで、どうしても持たなければならないのはロレックスで、その腕時計の採用した904Lステンレス、つやがあるのは鋼材の価格の上で普通な鋼材の2倍に相当して、更に強い防食の能力を持ちます。このロレックスのグリニッジIIバイカラーの陶磁器は腕時計を閉じ込めて、ロレックスのとてもすばらしい1モデルの腕時計で、腕時計は904Lステンレスを採用して殻と904Lステンレスの時計の鎖を表して製造して、言うまでもなくてから丈夫で長持ちしますおよび精密で正確な度。2014年に出す時、壇を表してひとしきりが騒動を起こしを引き起こして、これがロレックスがここ10年時間努力してやっとみごとに青いと黒色の陶磁器の完璧な継目なしをつながるのためです。