文字化けの現象

若い頃間、私は台湾の王進竜先生の《時計の芸術》の1本を見たことがあってことがあります。王先生は以前ロレックスの通し番号をいくつか総括に行って解説を試みのでことがあります。この目的がすぐ友達を表しために高速のに行って年度といくつか機能を生産するのを見分けます。このような方法を通じて(通って)簡単なののにいくつかうそを見分けるのを表す行くことができます。しかし時が経ち状況が変わって、厳格な意味の上で2010年の後から、また文字化けを始めて、つまり法則がなくて探せます。ロレックス時計工場はこのような文字化けの象のとても考えたのが開くようですについて、これまで1部の政府のナレーションに会ったことがありません。

多くの友達、私にも聞きます。このような通し番号は型番とどう見るですか?私個人は感じて、型番の意味を研究するのが大きくなくて、型番の一致する性比がわりに高いためで、普通は言ってあなたも調べやすいです。例を挙げて言って、緑の水の鬼型番は116610LVで、もしも表すのが内側を閉じ込める116610LN黒水幽霊でした。これっぽっちあなた買う前に、少し注意深くて、調べます。もしもここ数年生産するいくつかが時計をまねたので、このような細部はすべてとても注意ができるのです。型番の角度からについて行って真偽の成功性が高くないをの見ます。その上ロレックスを鑑別するのがまた(まだ)本当に一定経験が必要なのです。似せて作る技術のレベルのためで、品質も日に日に上がるで、難度があります。

私達のいくつかが友達を表して適切に通し番号の字の頭の字母を調べてみるのに関心を持つことができるについて、もしも本当の時計を確定して、たぶん個が年度を生産するのを知っていて、特に中古の腕時計を買う時、大概の方向があって、そのためどれくらいに保養したことがないのを少し尋ねることができても、今後長期にわたり使うについて早めに保養して準備しておきます。通し番号が普通で6桁の数から構成して、字の頭は字母で、後ろは数字で、2010年の後から通し番号の文字化けを始めて、普通は7桁の数が構成するので、おおよその字の頭の経験は次の通りです。

今いくつか表す友達総括する腕時計のバンドを通じて(通って)表す差し引く上の字母行く見ます年度の言い方、私個人は討議を感じるか待たねばなりません。

ロレックスの奥深くとらえがたい機械

私はやはり(それとも)幼子の年齢だで、《私の愛の私の家》を言う1部の非常の絶賛放送中の情景のコメディーがあります。冬・夏休みはいつもこれは必ず復習しなければならない1つの授業で、付き添うのさんざめきです。時20年余りを過ぎて、今なおあれらの人物は私の心の中でずっと越えることができません。これは経験して共に成長したのが鑑定するので、70後、80後、甚だしきに至っては90後でもいくらかあり感動。私がずっとその時家を富ましたのを覚えている後の張(さん)(家政婦の一角に扮する)の1せりふ:“手はロレックスの腕時計をつけて、横たわって高級ベッドのベッドで行きます”。

その時ロレックスは表して私に夢まぼろしの感覚をあげて、原因はとても簡単で、私を表してつけたことがなくて、しかしベッドはあなたは毎日すべて寝なければなりません。その年代流行っていて比較的柔らかいマットレス、とても心地良いです。これも啓蒙するな時のブランドの認知。私がその時その年代に広告について植えたのは入りたかったとても投じるのではなくて、これは真実で自然な社会の情況です。ロレックスの腕時計をつけてあなたの成功を代表します。高級の腕時計はよく身分のシンボルがあって、あるいは事業の成功の後の奨励の品物だそうです。

90年代の香港と台湾の映画もたいへん風靡する年代で、私は大胆に今の香港と台湾の映画またその年代を越えにくいと言います。香港人はロレックスについて非常に支持して、芝居の外題の中にもよくいくつかクローズ・アップがあります。例えばロレックスに紀念品として表しを送って、感じるのは気をつけないのつです。私は香港人ではなくて、同じく少なくどこで生活したことがあって、だからその時もロレックスの表すひどい目を感じるのであるしかなくて、しかし或いは人文の息は商業の運行だかどうか、むやみに論評することはできません。

2000年左右、私は時計の業界に入ります。最初ロレックスは表して、私はたくさんが見えます。その時私の第1感覚を与えて、とても年寄りじみていると感じます。どうしてすべて紋切り型のカキ式のデザインです。最多で型番が16233の金のDatejust日誌型なるで、さもなくば18238の両カレンダーの18K金が表すです。誠実なののは言って、殻を表すのが重々しくて、頭を錠に持って、とても歓心を買うのではありません。互いに比較して、あれらの超薄のデザイン、造型の少しシンプルなその他のブランド、外観の上でロレックスより美しくてたくさんなようです。 一般的に言えば、国民はものが2種類の極端がありが好きで、とても精巧なことが好きで、一目で見てあなた彼の精巧な意図の場所を感じることができて、他のはとても丈夫なことが好きで、ことわざはとても丈夫でで、抵抗するつくって、私はロレックスは後者に属するのであるべきにたいです。

まぶしい10数年の時間、時間転々として、私は初期接触の時計工場から、時計の品質性能になったことがあって師を測定するのに着いて、時計は師を鑑定して、それからまで(に)スイスの暦峰グループに力を尽くして名をして修理して師を表して、これらの仕事が体験して私ロレックスの認知に対してとても深い理解がありました。曾国藩のはとても中を通じて(通って)教え諭しがいます:“明日2端があって、人見はそれが近くて、吾はそれが遠いにの会って、言うのが優れています。人見はそれが太くて、吾はそれが細いにのの会って、言うのが頭が良いです”。最初の感覚は正しい感覚ですとは限らなくて、男は女を見るようで、外観の多いのに関心を持って、少なく関心が内在します。ロレックスは内在する世界に関心を持つことができるのです。

全く新しいGrandLange を持ってきます1 Moon Phase“Lumen”の腕時計

2013年、ランゲは初めて発表して半透明のサファイアのガラスから時計の文字盤GrandLange1“Lumen”の腕時計を作って、その時に壇を表す技になって4基の腕時計を驚かします。2014年、ランゲは頃皿の中央の月相の表示するGrandLange1腕時計に付いているのを出して、人に同じではない月相の米を味わわせます。今年、ランゲはこの項を設計して2が合して1となって、全く新しいGrandLange を持ってきます1 Moon Phase“Lumen”の腕時計。

半透明のの時計の文字盤設計が視覚の上のためにの決してただ一般のものとは異なるだけではなくて、紫外線の外の可視光線を妨げるのために、それによって夜光のためにを担当します。腕時計の月相は表示して、同様に夜光機能があって、夜間に人を魅惑する夜空の光景が現れることができます。月相皿はレーザーを通じて(通って)彫刻して、千粒の小さい星を全部で。

これは現代ランゲが初めて採用して1秒の技術を跳ぶので、Richard Lange Jumping Seconds腕時計は精密天文台のメータの標準的な製造で、そして時、分けるの、秒の3針の分離。このようにだけではない、それは何項目(か)の面白い設計がまだあって、まず不変な動力系統で、腕時計のチップの輪列の中で、超過1本の空中に垂れる糸に参加して、エネルギーを貯蓄して釈放して、それによって毎時出力を刻むとのエネルギーに達するのがバランスのです。

その次に1秒の構造を跳ぶので、雁木車と幸運な輪列の接続所で、1本の針を通して、安定的なコントロールの大きい秒針に来て1秒に跳びますと。それ以外に、、時計の文字盤の時に分ける皿のは交差してつきあって、1つの三角形の物地区を設計して、動力の貯蔵が10時間より小さい時に、この地区の底部の回転台は赤色に転向して、上弦にヒントを与える。最後、幸運なのが精確で同様に時の精密で正確なのを加減するのを求めて、腕時計はランゲのブランドの特許のを積載して1秒と秒針の帰零の構造を止めて、抜き出して冠を表さただなければならないだけ、秒針は帰零ができます。