独特の唐草模様の彫金が映える

腕時計の内部機構が透けて見えるシースルーモデルは、機械式時計の面白さを堪能させてくれる。ゼンマイが徐々に解け、歯車が連動して、アンクルやテンプがけなげに動いて、それに応じて針が回る。そんな様子を観察することも機械式腕時計の楽しみのひとつだ。

自動巻き式ではなく、手巻き式なので、ケースバックのメカニズムを鑑賞するときに、遮るものがなく、いちだんと深く味わえる。また文字盤や、ムーブメントの地板や受け板に施された繊細な彫金も楽しめる。その唐草模様の装飾は、かつてのクエルボ・イ・ソブリノスがキューバ・ハバナに構えた本店の金庫にほどこされていた装飾を、再現したものだ。繊細な細工によって時計界では異色のラテン系のルーツをもつことを表現し、機械式時計のもつ芸術性をも再確認させてくれる貴重なタイムピースである。

カクテルとシガーが似合う腕時計ブランド

クエルボ・イ・ソブリノスは、ブランドのルーツがキューバ・ハバナにあった時計宝飾店に遡る。ブースは、まるでラテン系のホテルやバーを訪れたかのような錯覚に陥る愉快な空間だ。今回は、自らの名を冠したクラッシクカーレース、クエルボ・イ・ソブリノス カップに出場するクラシックカーも展示するなど、演出に一段と力が入っていた。2015年の新作は、かつての本店に由来するデザインや縁のあった偉人に関わるモデルが登場し、ヒストリカルなエピソードからブランドのアイデンティティを表現。独特の世界観に広がりを見せていた。

その風防はまさにバブルでありドーム型

あの「バブル」が、現行の「ヘリテージ」コレクションの一作「ヘリテージ バブル」として帰ってきた。コルムを以前から知るファンでなくても、その特異なフォルムはわかっていただけるだろう。

多くの腕時計で「ドーム型風防」といっても、なだらかな弧を描くのが普通だ。だが、この時計は、レトリック抜きの本物の「ドーム」が腕時計の上に装備されている。時計の厚みの18.8mmのうち、風防自体の厚みは8mmにもおよぶ。ダイヤモンドに次ぐ硬度を持つサファイアクリスタルをこのように美しいドーム形状とするには、ダイヤモンドカッターを使って、熟練の技術者が数時間にわたって作業を行わねばならない。コルムにとって、いちばんあたらしい価値ある復刻モデルといえる。

縦横にあたらしいセラミックス時計を生み出す

ラドーの歴史は、異素材との格闘の歴史と言っても過言ではない。ハイテクセラミックスへの取り組みも、最初に取り組みをしたブランドとして知られており、2015年は、そんなハイテクセラミックスウォッチが次々にリリースされる予定だ。

注目したいのは、チョコレートブラウンのセラミックスモデルであり、これは従来にはまったく見られなかったカラーリングで、あたらしいエレガンスを腕時計にもたらすものだ。

これらにくわえ、メタリックカラーのプラズマセラミックスモデルの充実や日本で先行発売される「トゥルー」の新作にも注目が集まっていた。“MODERN ALCHEMY”(モダン・アルケミー)=現代の錬金術を、2015年のラドーは製品コンセプトに掲げているが、メタルではない素材で、メタル以上の強さと価値を持つ時計を生み出すラドーは、まさに「現代の錬金術師」と呼ぶに相応しい。

ダークグリーンは、フレデリック・コンスタントのブランドカラー

いまや多くのブランドが、文字盤に窓を開け、内部のメカニズムを鑑賞できるようにした時計を展開しているが、そのルーツは、
フレデリック・コンスタント
である。1994年に実現した「
ハートビート
」は、文字盤の12時位置に窓を開け、時計の心臓部のテンプの往復運動を見せようというアイデアは、まさに独創的な発想だった。同時に、テンプを見せるために邪魔にならないよう、デイトディスクに枠と数字だけを残してエッチングを施す、スケルトンデイトというアイディアも実現してみせた。

そんなフレデリック・コンスタントを象徴するオープン仕様のオリジナルモデル「クラシック ハートビート&デイト ラウンド」に、この6月、限定モデルが登場する。

今回の限定モデルは世界500本で、ブランドカラーであるダークグリーンを文字盤とレザーストラップに採用している。非常に深みのあるグリーンには落ち着きがあり、知的な雰囲気と気品を時計に備えるカラーリングとなっている。

なお、6月1日からは、全国のフレデリック・コンスタントの正規販売店では、“ハートビート&デイト”キャンペーンを実施する。キャンペーン期間中「ハートビート&デイト」のいずれかのモデルを購入すれば、フレデリック・コンスタントのオリジナルセルベット(時計拭き用のクロース)がもれなく贈呈される。

ベーシックな黒こそ、ジュエラーを選ぶべき

このSSブレスレットだったら、スーツやジャケパンといったスタイルはもちろん、結構骨太なのでダイバーズに合わせるくらいのコーディネートまで、フォローできそう。スーツに合わせたとしても、それが退屈に見えないし、ダイバーズのような骨太感があるから、ショーツに長袖のニットなどを合わせてもエレガントになるとおもいます。

ふたつの「オクト」を見て感じたのは、ブルガリはジュエラーとしてのプライドをもち続けているということ。流行は流行として捉えていても、そこには揺るぎないオリジナリティが同居している。だから時代に媚びてもいないし、そのうえで、プライス的にも戦略的になっているのがすごいところ。

MEN’S CLUBの読者の平均年齢は30代半ばで、全体の40代が30%ちょっとを占めている。雑誌で掲載するものについては、彼らが買えるものというのを意識して選んでいますね。クルマを除けば、実際に手に入れるアイテムのなかでもっとも高額なのが時計で、それをMEN’S CLUBではコストパフォーマンスという切り口で選ぶことを提案しています。それは単にプライスで選びましょうというものではなく、そこには時計専門誌並みのテキストを添えて、ロジックをわかったうえで、選んでほしいというおもいも込められているのです。

ジュエラーがつくる時計という優雅さを備えつつ、男らしさや遊びすぎない節度をもっているのが客観的に見た「オクト」の魅力。そのバランスのよさというか、さじ加減の巧みさが“長い間使える”というコストパフォーマンスの良さにつながっているのだとおもいます。

紹介、アジア男性の手首の小さい形の腕時計を紹介します

私はまた1つの大きい愛のブランドはジローが、その技術レベルとムーブメント開発能力はずっと業界で高い名声を有している。この長方形の「Cabaret Tourbillon」機能停止秒陀フライホイール表まさに1件の力作。裏ケースのすべての隅、皆と精密なムーブメントを十分に合わせて、その独創点はが陀はずみ車の使用者によっての意向になる瞬間に止まり、有史以来の第1枚の備えて秒機能の陀フライホイール表。とても明るくの境目を连れ出して1部の荘厳、黒のドレスとラングは治らない。
フィリップ5101シリーズ超複雑時計機能陀はずみ車。にもかかわらず、パテックフィリップが最も忘れ難いのは白盘俩半針の造型、本気だとこの長方形表より優しく、5101Rはフィリップ唯一の1項の融合陀フライホイールと十日超パワーリザーブの腕時計。三段重ね重ねのバラのケースは、ちょうど灰色のプラチナメッキロジウムの文字盤と中和、張楊を避けるために。
カルティエのSantosシリーズも表壇一本常緑樹、本当に一番百搭の1項の表は、太り具合、外向的な性格は内向的や、着用にも合うには、両方のマッチョな輪郭線と強い大スタッズ、またいくつかのしなやかなシルエットを交えて、たとえさん戴男項Santosもない顕唐突である。あなたの最初の高級レプリカ腕時計にぴったり合う。この金はステンレス材質プラス18金。
矩形表といえば、カルティエ家の戦車シリーズとは言えない。初めては1922年に発売し、当時の時計によって略図を見抜くことができ、そのケースデザインのインスピレーションから見下ろす戦車車体の形、ケースの両側は戦車のアルミニウムフレーム正に男女、婚約してその选が悪い時何を買って表から、これにしよう。「アメリカ戦車」を基にしたバラ金の浮動式陀勢車。

SWATCH BELLAMY(ベラミー)――スウォッチ新しい時計を支払う

今日、スイスタブ業先駆スウォッチ上海のランドマーク的建築スウォッチ平和ホテルの芸術センターで盛大に発表した「SWATCH BELLAMY(ベラミー)「、1項の新しい時計を支払う。スウォッチ手を携えて中国銀聯と共同交通銀行、中国市場にリリース非接触支払い腕時計。率先してデビューの4機種を反映した腕時計はスウォッチ設計の味、色や機能性、また、内蔵NFC(近距離無線通信)技術を組み合わせ、消費者を直接使用腕時計で全国の商店内完成を支払う。
アメリカで作家のBellamy(エドワード・ベラミー)1888年の小説『回顧:2000 – 1887』では、作家の想像したクレジットカード/デビットカード現金の代わりにのユートピア世界――ベラミーは首位描述このカードの作家で、ほかの人より早く四十年。私は革新や所有遠見卓識者の積極的に認められ、この新しい時計を支払うスウォッチ名付けて「SWATCH BELLAMY(ベラミー)「。
NFC技術採用高週波無線電波を実現させる電子機器の短距離内通信。新しい「SWATCH BELLAMY(ベラミー)「腕時計、見せたスウォッチに知られる趣味、色とデザイン感以外にも、隠してダイヤルを搭載した下の内蔵NFCチップ。それは一枚の銀行カードをして、「SWATCH BELLAMY(ベラミー)「腕時計が消費者企業の非接触POS端末を使って実現を支払う。腕の間で取引が完全に消耗することはできません。中国ではスウォッチ手を携えて中国銀聯や交通銀行共同起動、この革新的で操作便利な商品を購入交通銀行で消費者もこの腕時計。

雲の上の腕時計、経典と現代の平行の飛行腕時計

腕時計はどう飛ぶのか?ライト兄弟は第1機の航空機の航空日誌については、初飛行飛行時間:12秒。現代の飛行機には、時計や時間制限が重要な意味があるという。時間と距離のパラメータの間の連絡はこのようにしっかりして、このように、人類の第1機の飛行機の上で着流しがある。
戦時军表の経典の再現
第二次世界大戦時の空軍の出現で、飛行時計がとりわけ重要なことに見える。機能決定形態は、前世紀さんじゅう年代から、「コクピットデザインモデル」の腕時計が生まれ:ニア黒の表面には、巨大な数字と指針、暗の中が光って、各種の照明の条件の下でも正確に読み取る分数――これらを連れて印や実用主義の時代が根強いシンプル、今も現れ、各ブランドのデザインの中に。
IWC大型パイロットシリーズTOP GUN海軍の空中戦部隊Miramar腕時計
元はカリフォルニア州に密ラマの海軍基地空戦隊TopGun飛行学校に敬意を表すの作で、軍事デザインを融合させた。は、金属セラミックのケースと炭素の灰色の文字盤、ベージュの針と分と分、緑の織田のバンド、軍事機器の古典的な色と材料を取材する。搭載の51111型ムーブメントはIWCインターナショナル・ウォッチ・カンパニー制作最大手の自動ムーブメントの一つであり、その特許のラチェット式でチェーンシステム、短い時間の内で提供ななしち日パワーリザーブ。