カテゴリー別アーカイブ: superwatch

キアヌ・リーブス最新作『ジョン・ウィック』で着用の腕時計判明

先日、都内でおこなわれた『ジョン・ウィック』のジャパン・プレミアに颯爽と姿を現したキアヌ・リーブス。出演を決めたきっかけは「脚本がすばらしかった。そして、ジョン・ウィックというキャラクターにも魅力を感じた」と語る。

キアヌが好演するジョン・ウィックは、かつて裏社会でその名を轟かせた伝説の暗殺者。ヒットマンの仕事から足を洗い、平穏な暮らしをしていたが、ロシアン・マフィアにすべてを奪われ、封印していた殺人術を解放。壮絶な復讐劇を繰り広げる。

「ジョゼフィーヌ コレクション」の新作も登場

今年創業235周年を迎えるメゾンショーメは、ナポレオン皇帝を筆頭にヨーロッパ王室も御用達のジュエラー。王侯貴族に贈る豪華なティアラなど、卓越した職人技によるハイジュエリーを製作しつづけてきた。

今回のブライダルフェアでは、シンプルなラウンド・ブリリアントカットのエンゲージメントリングやファンシーカットのアイテムなど、クリエイティビティに溢れた優美なリングを豊富にラインナップ。とくに注目なのが「ジョゼフィーヌ コレクション」の新作。洗練されたクッションカットが特徴のエンゲージメントリングは、ナポレオン最愛の女性、ジョゼフィーヌが愛したティアラをモチーフにデザイン。別格のエレガンスを感じさせる佇まいに思わずうっとりしてしまう。

開催期間中、フェア対象のエンゲージメントリング、マリッジリング購入者に、ショーメオリジナルのアロマキャンドルをプレゼント。香りは特別にオーダーされたもので、女性用はフローラルとパウダリーの優しい香り、男性用はウッディーでスパイシーな香りを用意。ぜひこの機会にメゾンショーメで、永遠の愛を証明するのにふさわしいブライダルリングを選んでみては。

独特の唐草模様の彫金が映える

腕時計の内部機構が透けて見えるシースルーモデルは、機械式時計の面白さを堪能させてくれる。ゼンマイが徐々に解け、歯車が連動して、アンクルやテンプがけなげに動いて、それに応じて針が回る。そんな様子を観察することも機械式腕時計の楽しみのひとつだ。

自動巻き式ではなく、手巻き式なので、ケースバックのメカニズムを鑑賞するときに、遮るものがなく、いちだんと深く味わえる。また文字盤や、ムーブメントの地板や受け板に施された繊細な彫金も楽しめる。その唐草模様の装飾は、かつてのクエルボ・イ・ソブリノスがキューバ・ハバナに構えた本店の金庫にほどこされていた装飾を、再現したものだ。繊細な細工によって時計界では異色のラテン系のルーツをもつことを表現し、機械式時計のもつ芸術性をも再確認させてくれる貴重なタイムピースである。

その風防はまさにバブルでありドーム型

あの「バブル」が、現行の「ヘリテージ」コレクションの一作「ヘリテージ バブル」として帰ってきた。コルムを以前から知るファンでなくても、その特異なフォルムはわかっていただけるだろう。

多くの腕時計で「ドーム型風防」といっても、なだらかな弧を描くのが普通だ。だが、この時計は、レトリック抜きの本物の「ドーム」が腕時計の上に装備されている。時計の厚みの18.8mmのうち、風防自体の厚みは8mmにもおよぶ。ダイヤモンドに次ぐ硬度を持つサファイアクリスタルをこのように美しいドーム形状とするには、ダイヤモンドカッターを使って、熟練の技術者が数時間にわたって作業を行わねばならない。コルムにとって、いちばんあたらしい価値ある復刻モデルといえる。

縦横にあたらしいセラミックス時計を生み出す

ラドーの歴史は、異素材との格闘の歴史と言っても過言ではない。ハイテクセラミックスへの取り組みも、最初に取り組みをしたブランドとして知られており、2015年は、そんなハイテクセラミックスウォッチが次々にリリースされる予定だ。

注目したいのは、チョコレートブラウンのセラミックスモデルであり、これは従来にはまったく見られなかったカラーリングで、あたらしいエレガンスを腕時計にもたらすものだ。

これらにくわえ、メタリックカラーのプラズマセラミックスモデルの充実や日本で先行発売される「トゥルー」の新作にも注目が集まっていた。“MODERN ALCHEMY”(モダン・アルケミー)=現代の錬金術を、2015年のラドーは製品コンセプトに掲げているが、メタルではない素材で、メタル以上の強さと価値を持つ時計を生み出すラドーは、まさに「現代の錬金術師」と呼ぶに相応しい。

ベーシックな黒こそ、ジュエラーを選ぶべき

このSSブレスレットだったら、スーツやジャケパンといったスタイルはもちろん、結構骨太なのでダイバーズに合わせるくらいのコーディネートまで、フォローできそう。スーツに合わせたとしても、それが退屈に見えないし、ダイバーズのような骨太感があるから、ショーツに長袖のニットなどを合わせてもエレガントになるとおもいます。

ふたつの「オクト」を見て感じたのは、ブルガリはジュエラーとしてのプライドをもち続けているということ。流行は流行として捉えていても、そこには揺るぎないオリジナリティが同居している。だから時代に媚びてもいないし、そのうえで、プライス的にも戦略的になっているのがすごいところ。

MEN’S CLUBの読者の平均年齢は30代半ばで、全体の40代が30%ちょっとを占めている。雑誌で掲載するものについては、彼らが買えるものというのを意識して選んでいますね。クルマを除けば、実際に手に入れるアイテムのなかでもっとも高額なのが時計で、それをMEN’S CLUBではコストパフォーマンスという切り口で選ぶことを提案しています。それは単にプライスで選びましょうというものではなく、そこには時計専門誌並みのテキストを添えて、ロジックをわかったうえで、選んでほしいというおもいも込められているのです。

ジュエラーがつくる時計という優雅さを備えつつ、男らしさや遊びすぎない節度をもっているのが客観的に見た「オクト」の魅力。そのバランスのよさというか、さじ加減の巧みさが“長い間使える”というコストパフォーマンスの良さにつながっているのだとおもいます。

SWATCH BELLAMY(ベラミー)――スウォッチ新しい時計を支払う

今日、スイスタブ業先駆スウォッチ上海のランドマーク的建築スウォッチ平和ホテルの芸術センターで盛大に発表した「SWATCH BELLAMY(ベラミー)「、1項の新しい時計を支払う。スウォッチ手を携えて中国銀聯と共同交通銀行、中国市場にリリース非接触支払い腕時計。率先してデビューの4機種を反映した腕時計はスウォッチ設計の味、色や機能性、また、内蔵NFC(近距離無線通信)技術を組み合わせ、消費者を直接使用腕時計で全国の商店内完成を支払う。
アメリカで作家のBellamy(エドワード・ベラミー)1888年の小説『回顧:2000 – 1887』では、作家の想像したクレジットカード/デビットカード現金の代わりにのユートピア世界――ベラミーは首位描述このカードの作家で、ほかの人より早く四十年。私は革新や所有遠見卓識者の積極的に認められ、この新しい時計を支払うスウォッチ名付けて「SWATCH BELLAMY(ベラミー)「。
NFC技術採用高週波無線電波を実現させる電子機器の短距離内通信。新しい「SWATCH BELLAMY(ベラミー)「腕時計、見せたスウォッチに知られる趣味、色とデザイン感以外にも、隠してダイヤルを搭載した下の内蔵NFCチップ。それは一枚の銀行カードをして、「SWATCH BELLAMY(ベラミー)「腕時計が消費者企業の非接触POS端末を使って実現を支払う。腕の間で取引が完全に消耗することはできません。中国ではスウォッチ手を携えて中国銀聯や交通銀行共同起動、この革新的で操作便利な商品を購入交通銀行で消費者もこの腕時計。

2016個性Gc腕時計、バーゼル新品展示

今日、上場七年後のGc-1は依然として最も成功したGcシリーズ商品やブランドの代表項。今期のGc同クラシックスタイルに投入する2項の新型モダンデザイン。表現力のスイス製クロノグラフは、運動ファッション造形と現代設計。これらのGc-1シリーズには精密なフェイスデザイン、設計、ひらめきの環状バンド、顧客により精密なスタイルを選択し、もっと具Gc未来マークの外観。
ファッションとして注目者の専属の設計、新しいGc-1運動シリーズは詳細設計の組み合わせの多い-新しい表節時計の鎖、それによってと表項の性能を完璧に融合。Gc-1運動シリーズは正確でスイスクォーツ、クロノグラフ(ADD備えて段階累積)と同時にスプリット(SPLIT)機能、正確な表示時間からいち/じゅう秒を詰めたダイヤル視距機。3つの力作の設計の時計は、それぞれ3時位置のストップウォッチ、6時位置の12時間の時間と9時位置の30分間の計時表。防吹きサファイアクリスタル表面、夜光レイヤーの指針と目盛や防水性能ガンダムひゃくメートル(10ATM)の防水性、これらの構成はGc-1運動シリーズとして積極的に人生の完璧な時計絶好の証明。
Gc-1運動シリーズ2項の新しいデザイン。マーク版を如実に反映しているその伝承の特徴を採用しました送金とバラの金(镀钛)を組み合わせたシンボルカラー。同モデルを採用してファッションのバラ金(镀钛)の外側、黒(镀钛)殻ながら、カーボン繊維ダイヤルは、手作りのバラの金(镀钛)目盛とじゅうに時位置のローマ数字と指針や、黒(镀钛)ステンレススーパーコピー時計の鎖、指先にファッション。一方より経典のデザインとは、ステンレスケースや殻ながら及び相応の四角形の境界面を描く、靑い銀色の文字盤、もう一条組み合わせ研磨ステンレス環状時計の鎖、配布永遠の上品な雰囲気。
Gc-1運動シリーズ新型はGc良質時計固有の特徴、例えば防吹きサファイアクリスタル表面、刻んだGcマークのねじ込み式表冠と組み込みシェルカバーやひゃくメートル(深さ10ATM)防水性能。

2016ArchimedeアルキメデスSportTaucher M時計

保守的なスポーツウオッチブランドアルキメデス発表新しいSportTaucher M時計。このダイバーダイバーは1つ堅固なドイツ製のステンレスのケース、300メートルの防水性能を持つ、サファイア水晶時計鏡。
ケース表径は41.5ミリ、と一緻の回転ベゼルは研磨処理。表冠は4時位置に放置され、12、3、6、9時の時にはアラビア数字となっている。私は円形の時計冠護橋が好き、もっと柔らかい外観が増えました。ケースの厚さはmm・12 mm、戴手首にかなり合理的な。http://www.ikebukuro777.com/yamadanews.asp
アルキメデスSportTaucherM時計2色のオプション:ブラック、ブルー。ブラックバージョンは白の針がある場合、赤色の飾り、ブルーのモデルがオレンジに入れ替わっ、「熱帯」という感じがあります。
時計の鎖は金属、腕時計を提供したサメ皮のバンド-をこの腕時計が増えた独特の売り。個人的には、黒色の時計のバンドのバンドはかなり吸引力があると感じます。あなたは発見、時計が一定の奥行き感を感じて、それにもっと魅力的な外観の視覚効果を与えることができます。内蔵のはスイスエタ2824自動ムーブメント。