Seikoは2つ新しく復古するProspexシリーズの潜む水道のメーターのモデルを出します

伝統の日本によく合って技術Seichuの製造する織物の腕時計のバンドを編みます。

Seikoは正式にSPB239とSPB237両のモデルの全く新しいProspex腕時計を発表して、設計の上でそれぞれ1965年に62MASがと1970年代Diverモデルを表しを基礎にして作り直して、前者はダークブラウンによく合って小屋、太陽の紋様の砂の時計の文字盤を表して、後者は採取して深く質感の石盤石の材質の時計の文字盤を備えて、改めて現代Seiko から半分世紀前のすばらしい表現型、動力一部を解釈するのしかし、だけれども3Hzは自動的にチップの6R35を精錬して提供に行って、200メートルの防水と70時間の動力を備えて機能を貯蓄します。そのブランドスーパーコピー服外このProspexが最大の特徴便を表すのが伝統の日本を通して技術Seichuの製造する織物の腕時計のバンドを編みを交換するので、独特なのを持って筋模様、その強さの更に普通なSeiko織物の腕時計のバンドのカッドの数を編むだけではありません。

Seiko Prospex SPB239とSPB237はそれぞれ今年に6、7の月が公式サイトをログインしておよび、小売商発売を指定すると予想して、売価はそれぞれにに落ちて$1200と$1300ドル、十分に注意するとよい興味の読者があります。