アテネは先進的なケイ素技術を表します

アテネのエントリーの前で常用する自分で作るチップ、UN-160がある、UN-118、UN-310など。今自主的にチップのブランドを生産することができるのが珍しくありませんて、しかしアテネはみごとでみごとなことを表してあって、それは少数が単独で空中に垂れる糸のブランドを生産することができるので、ケイ素の材質のチップの中の開発と応用について更にリードする性があります。

2001年にアテネは表してそれぞれ大きいブランド中真っ先にチップの中でケイ素の材質を使っていて、ケイ素の材質の時代を開きます
2003年にアテネのエピトープは拉紹徳と閉じる自制のチップ工場で落成します
2006年、アテネは自分で設計して作る第1モデルを表して自動的に鎖の基礎のチップUN-160チップに行きます

ここは重点的にUN-118チップを持って、アテネ時計工場とスイスSigatec会社の協力で研究開発した成果で、最も特別な場所はDIAMonSILは捕らえて装置を跳躍します。DIAMonSILは実はダイヤモンドのケイ素の結晶で、これはとても小さくて精巧なのしかしかたい材料で、摩擦力を下げることができて、そのロレックススーパーコピー上更に要してたとえ装置でもを捕らえるために潤滑油を添加する必要はありません。アテネは表して最初チップの上でケイ素の材質を使用しただけではなくて、その上また(まだ)ケイ素の材質に対して“革命”を行って、それをいっそう適応して絶え間ないのでなければなりません運行するチップの環境。

UN-118チップはDIVERX潜水する腕時計、ダイビングシリーズ天文台の腕時計に用いて、航海のシリーズのパイロット者の腕時計など、定価は6万~8万この区間で、実がある実用的で、大体消費層を拡大しました。