みんなはすべて背をしていて、ロレックスに通るどうしていいえ?

多くの友達は今どんなブランドであろうとを発見したはずで、ほぼすべて背をしていて通ります。チップがもともととても水準があるようだて、技術がずば抜けているブランドを磨き上げてはっきりしているのを背負ってまた(まだ)理解することができるのをして、さすがに“美しい衣服が夜歩きをする”のようだ現さないのではないだろうか資本があります。しかし多くのブランドのチップの自身にどんなにすばらしいのがなくて甚だしきに至っては磨き上げるようにもあるのが粗くて、依然として背をもして通ります。みんながすべて辺鄙ではっきりしているこの環境をしている下に、しないではっきりしているロレックスまるで1筋の清流を背負います。

実は今腕時計が流行っていて背をして通って、原因のがないのではありません。今の人にとって、腕時計はすでにもう必ずしなければならないのではなくて時間の道具を見て、生活の中で誰がわかる家電製品携帯電話につきあって特に正確なのが私達に時間を教えることができます。この背景に基づいて、腕時計の特に機械的な時計更にいくらでもある身分のシンボル、経済の能力の体現、人々の品位に対する追求で、機械の生まれつきのが心から愛するのに対して。多くの人にとって、はっきりしているのを背負うのはきっと機械が最も簡単なはっきりの設計言語を表すので、機械的でどうですかであろうと、すべてあなたにこれが1枚の機械的な時計を教えることができます。先輩のプレーヤーにとって、辺鄙にきわめて彼らに鑑賞して腕時計のチップを鑑別評定することができます、自分のお金が一体使ってどこにありをも見ることができます。さすがに1匹の腕時計の外観は多分まねることができて、チップでその“心臓”です。

優秀で精巧で美しいチップが現してもちろん問題がなくて、このようなチップはあなたの深いのに何が機械の米を体得することができて、何は技術の創意です。しかし腕時計のチップがいくらかあって粗いをの磨き上げて甚だしきに至っては少しも磨き上げなくて、依然として背がもできて通って、みんながすべてこのIWCスーパーコピーような腕時計に会ったことがありを信じます。このような現象について私は決して持って態度を批判しなくて、ハイエンドの精巧で美しい自分で作るチップの腕時計を搭載するのが本当に間違いなく価格が高まっているため、大きい多くの人はすべて負担できません。あるチップは恐らくそんなに精巧で美しくなくてではないが、甚だしきに至っては全部芯で、しかしはっきりしているチップを背負っても数人にとても機械の表す楽しみを愛玩するのを体得することができます。コストがわりに低いため、とても機械に表して入門するように適合します。

そんなに多くも本題に入るべきだと言って、みんなはすべて背をしていて、ロレックスに通るどうしていいえ?この点の政府に関して明確な原因を提供しないで、しかしたくさん友達を表しても多く推測があります。この前に、みんなのにを教えて、ロレックスはこれまですべて別に背をしたことがなくて通りありません。事実上、それははっきりしている時計のモデルを背負いを試みたことがあってことがあって、ブランドの唯一の背のはっきりしている腕時計です――利の尼の王子を切ります。結果は残念がらせて、今回の試みは決して成功しなくて、利の尼の王子を切って決して成功しなくて、収集家はどのように喝采するに関わらず、依然としてお蔵入りにさせられて、かつとっくに生産を停止します。今、先輩のプレーヤーでない限り、そうでなければ恐らくある人はすべてロレックスが利を切る尼の王子の腕時計を出したことがありを知りません。ロレックスの水の幽霊は、導いてとこのような大人気を持ってモデルを表しを通すと違い、中古市場の上で、1枚のロレックスは利の尼の王子の金を切って表して、1万ドルは手に入れることができて、初めは1万5000~2万ドル間で利の尼の王子の定価を切りました。更に言う必要はないで、その時のお金は今のずいぶん値打ちがあったのことができますに比べて。