Piaget Roseネックレスの離れられない首間

勝手に盛んに置いて、よく良い華を打ち明けるため

急に雨は初めて休んで、恋人は雨の後の伯爵花園で漫歩して、透き通るような水のしずくはバラの花弁の上で曲がりくねって、なまめかしいにの往復します。湿っぽい香気が立ちこめていて来て、愛のバラをいっぱいに含んで首の間で耳のそばに落ちて、化は臻の米の真珠や宝石を行って、カップルに耳を傾けて互いに胸の内を打ち明けます。サイドオープンの花が映っている指輪下のか弱い筋肉と皮膚(G34UV600)、バラの金のイヤリングは風向き次第で揺らめいて、光り輝く米は出していて糸の間で見えつ隠れつするのを(G38U0077)あけて、Piaget Roseネックレスの離れられない首間、優雅な粉の首のためにきらきら光る光芒(G33U0970)を加えます。恋人はそっと手を挙げて耳辺の容姿端麗で有能を弾いて、3つのバラは順番に開放して、好きな良い華を打ち明けます。

10はボタンを渡しを指して、心は霊感があって、まばゆいプラチナのあらわす感動させるあでやかな姿は指を巻いて柔らかくて指間で起伏し始めるのオーデマピゲコピーに変わって、単に米はたたずんで広げる花弁の中央に揺らめきをあけて、もしよく止まって心の間で駐在する。Rose指輪は最も現在あでやかに輝いてまばゆい(G34UV700)だ手首の間のRoseチェーンブレスレットはたいへんきれいでさっぱりしていて上品で、やさしくて清浄なAkoya海水の真珠で縫って、彼と言います心を尽くす底の思わせぶりな深い情(G36U4400)。