歴史の上で最も悠久のウイスキーは腕時計の中にあります

フィラの糸の4月2日の腕時計がオークションしていっしょにきわめて稀有なの革新するサイクルコンピュータが現れましたと。聞くところによるとこの腕時計の中に世界の最も悠久のウイスキーがあります。この腕時計(通し番号の312)が一つのスイスから腕時計の商標のしたの名前をするのはLouisMoinetです。彼らは一つとWealthSolutionsの会社の協力する(Wealth Solutionsがウイスキーを提供するのだ)を言うのです。LouisMoinetはただ50つの腕時計のその中のオークションした40つの中の一つだけを作りました。この40つのはすべてステンレスを使うのが10つ殻のを表すその他に黄金の表す殻を使ったのです。値段を見積もる12000英ポンド~18000英ポンドの計算のマージンのこの腕時計は2万英ポンドを上回って取引が成立することができました。

2社の会社は協力するの聞くところによると世界の歴史の最も悠久の麦芽のウイスキーを使ったのです。ウイスキーは水蒸気から来てそして時代1862年のにさかのぼってその上1つの美しい山河のスコットランド小鎮に位置してGlenlivetが抽出しだすと言うことができました。達するために人を19世紀の時期のスコットランドの生活する小さいウイスキーを感じるのが3時の位置に置く表す協力することができました。

フィラ糸競売店の腕時計専門家、MichaelJagiela表示は‘はこれは当公司の4月2日行う腕時計が比較的稀有な腕時計の中の一つです。Louis Moinetがウイスキーの腕時計をした時彼らはスイス人を結び付けて腕時計の精確な程度とスコットランド人に対してウイスキーの芸術を抽出するのです。腕時計は特に各種の原因がつづり合わせ始めてこの精妙な腕時計を創作したたくさんで独特な特色があります。’は彼も腕時計とウイスキーのファンとても人気だかつに対して1つのきわめて良いチャンスが1人の収集家にいくつかのとても稀有なウイスキーを持たせだと感じます。