チップの上であれらの“妖艶だ”のルビー、あなたはいくら理解しますか?

各位が腕時計の友達が好きなのにとって、チップの中で使う宝石軸受、みんなはすべてよく知らないべきです。人造のルビーの姿の“妖艶だ”の飾りはチップ中で、それらの使命を引き受けています。そんなにこれらの“妖艶だ”の赤い宝石軸受に関して、あなたはまたいくら理解しますか?

時計の誕生する初めおよびの後の一定の時間の中で、表を作成する業は赤い宝石軸受技術がないので、チップのエスケープはその時、輪列の中で陀各歯車の回転軸を並べておよび、すべて直接黄銅の材質の主な添え板あるいは添え板とつながったのです。欠点は明らかに分かります:摩耗しやすくて、空気の中のほこりはチップの内部まで(に)侵入しやすいです。腕時計のチップはとても精密な部品で、長期のほこりは積み上げてそれに対してひどい影響をもたらして、そのため今日まで表を作成する業は防塵するのに対してすべてとても高い要求を持っています。

問題が現れて、肯定して解決したい人がいます。1704年、スイスからの数学者と天文学者、同時に光学計器商Nicolas Fatio de Duillierが技術を発明するで、精密で正確な宝石が穴をあけることができて、そして史を作った上に初が輪軸を並べて天然のルビーを使う時計算します。1名の商人として、Nicolas Fatio de Duillierはその時の制表センターのロンドンに来て、望んで自分の発明になって1枚の“皇室の特別の許可形”を手に入れて、でも当局の誤ったは赤い宝石軸受技術がすでに使うに人がいたと思って、彼にありません。しかしNicolas Fatio de Duillierのが駆け回ってと広める依然として赤い宝石軸受技術をイギリスで普及し始めさせます。取り上げる価値があったのは、そしてその時使った宝石はルビーに限定はしないで、ダイヤモンド、サファイア、ガーネットなどがあるのです。

天然で赤い宝石軸受を使う時計算するのはすべてとても高価で、一方では天然の宝石の自身の価格が高価なためで、2は天然のルビー軸の目にありため過程で製造して、90%に達する天然のルビーは傷あるいは加工の中の問題が廃棄させられて落ちたため、3はこの技術の人工コストも低くないです。そのためその時ハイエンドの時計だけあってようやくこの技術を使うことができました。

天然のルビーの傷の問題のため、そのためやはり(それとも)磨損の問題があって、その上天然の宝石の大きさは確定することができなくて、そのパネライコピーため賢い職人は黄金のスリーブを発明して、天然で赤い宝石軸受の組み立てと入れ替えは更に手っ取り早くなります。ルビーはその黄金の玉座と入り乱れて輝いて、チップの美感をまた1つの段階に高めました。今のところ私達はランゲなどのいくつかドイツの高級が表を作成する中でこの華麗な装置を見ることができて、その美学の価値ははるかに技術の価値より大きいです。