いままでずっとティソが知恵のシリーズの腕時計をあけるのは旅の観光客と探検家の2選択

探険する旅は勇敢に突き進みます

いままでずっとティソが知恵のシリーズの腕時計をあけるのは旅の観光客と探検家の2選択でないです。それは時間の旅行者に似通って、精密に必ず一回の旅のを記録して瞬間が忘れ難くて、挑戦者に絶えず極限を突破するように激励していて、勇敢に突き進みます。韓国の専門の探検家と世界記録保持者の質素な英が大きくて知恵のシリーズの腕時計をあけて勇敢に南の北極に突進するのをつけのでだけではないことがあって任務を探求するのを行って、世界の7大陸の最高峰を訪れて、そので付き添っておりるで、世界の屋根のヒマラヤ山脈を征服しました。

一人で徒歩で行って気力、勇気と体の能力の極限を試すだけではなくて、更に挑戦して寂しく助ける心がありません。スイスからのサラ・マーキス(Sarah Marquis)は身の回りでティソだけあって知恵の専門版の太陽エネルギーの腕時計のをあけてお相手をしておりて、いつでも地理(学)、天気に変化を掌握して、そして作り出して徒歩で行って計画する調整、すばらしい環球を完成して徒歩で行きます探険する旅。彼女の発表した《生まれつき狂って野生だ》(Wild By Nature)の1本の中で、更にはっきり私達にこの腕時計機能の実用的な場所を釈明しました。サラは毎日彼女のティソで知恵の腕時計設置の目覚まし時計をあけて、それが毎日定刻に出発して30キロメートルの旅を行いを確保します。彼女はいつでも温度計機能を使って、砂漠を通り抜ける時温度を検査して、科学的に自分で水分を補充するため。それ以外に、彼女が高山をまたがり越える時、彼女の腕時計は海抜の情報を提供することができて、彼女が南へ行進する時、腕時計の羅針盤機能はを彼女は方向に明示します。その他に、腕時計はさらにそのために気候の情報を提供して、現場の気圧と海面の気圧を表示して、それによって彼女は直ちに徒歩で行くリズムを調整して、地形に適応して変化します。3年を期間とする旅行中の中で、ティソは知恵のシリーズの専門版の太陽エネルギーの腕時計をあけて彼女に付き添っていて1歩ごとに残して、彼女の創造精神と驚異的な気力を支持します。

2011年、照明の芸術家Gerry Hofstetterは海抜3380メートル以上のユングフラウ最高峰まで(に)登って、零下の25℃の厳しい環境下で、スイスの十字、ユングフラウ鉄道の列車、ユングフラウ鉄道の創始者Adolf Guyer―Zellerの肖像を、およびティソはブランドLOGOを表してユングフラウの北側の山の峰まで(に)投げて、だからスイスのリードする山の間で鉄道――ユングフラウ鉄道(Jungfrau Railway)の百周年の序幕を開きます。ユングフラウ鉄道は精密な時間単位の計算の器具に比べてユングフラウの極致の美しい景色の避けて通ることのできない道、その工事の難度の高さに到着するのです。ユングフラウ鉄道の伝奇的なように、ティソの表す盛んな発展もひとつのが伝奇的であるで、このため、ティソは知恵のシリーズをあけてユングフラウの特別なモデルを出して、スイスユングフラウ鉄道の祝福に対して表現しました。