自ら送別会をします:オリスはサメの生存が発展するのに関心を持ちます

前世紀60年代から、オリスは専門に身を投じて潜んで水道のメーター製造して、この時から、この年半分以上の世紀の海洋の佳話は今なお続きます。オリスにとって、海洋環境、加護の危険が近づいている海洋生物を保護しても一つの長期にわたり送別会をする誉れの企業の使命になります。ここ数年来、オリスは海洋で領域を保護して多いプロジェクトを設立して、EIHierro(イエロの島)の海洋の科学研究にと事業を保護するように出資し援助するのを含んで、国際サンゴ修復基金会(Coral Restoration Foundation)と協力しますサンゴの保護など。

異なるルートが協力して発声する、社会の大衆に海洋環境を関心を持って重視させる、サメの関連の科学普及の知識を理解する、と同時に自ら海洋の公益を送別会をして、譲るを通じて(通って)もう1仮定の標語に限りありません。

オリスとサメのとけない縁は昔からそうで、ここ2年、オリスとブランドのイメージ大使の中の一つ、ダイビング家Jérôme Delafosseですかはいっしょに非盈利環境保護機関Pelagios Kakunjáの始めるサメからプロジェクトを保護するのに参与して、共同でサメが知識を保護するのスーパーコピー時計を宣伝して、そしてプロジェクトを保護するために経費を提供して、金槌の頭鯊限定版の腕時計を出しました。プロジェクトを研究する中で、研究員は金槌の最初の鯊が手元(体)にオリスの出資援助MiniPAT衛星の位置を測定する発射器から設置した、すべての発射器の記録サメの6~9ヶ月の行方、後で自動的にサメのところから、に落ちてデータのアップロードを衛星に着きます。この研究は漁業機構部門のもっと良い制定が規則を漁でとりに役立つでしょう、底引き袋網の誤って捕まえるサメの数量を減らします。今回、オリスは眼光を中国にピントを合わせて、サメのこの特殊で重要な海洋生物に関心を持ちます。