一歩一歩熟していないハスのローミングする禅の伊花園

来賓東方の美学のさっぱりしていて上品な境地を感じることができるため、イベントは1基皇室の庭園の頤和園と隣接している四合院(旧式の家)で所在地を選びます。この建物の既存の百年の歴史、古色ただよっていて、中国の美学の特色を高く備えます。ゆっくりとの前で行、一歩一歩名残惜しがって、客はまるで1基のユートピアに身を置きます。庭の1池の清らかな泉の中で、錦のコイは潜んで泳いで、蓮の花が盛んで置いて、浸る式が体験して客を禅の伊花園の耽美の境地で陶酔させます。

きれいでさっぱりしていて上品な蓮の花、中国人に中君子の中の一つを使います。“沖積した土砂を出して染めないで、清らかで波紋を描いて妖艶ではないの”を洗って、北宋から周敦頤が《愛蓮が言う》名誉を行って空いっぱいにおりた後に、そのウブロコピーため蓮の花は便は高潔でさっぱりしている品質を与えられました。思うままにパトロールする錦のコイ、古代から富貴な人を深く受けられて好きで、その生存が長い間また観賞性に富を極めるため、含ませられて長寿の吉祥のイタリアがあって、すばらしい願望を郵送してよく動く錦のコイで中国でとっくに盛んになって1つの風潮となりました。ジャークの独ルーマニアは今回錦のコイの変化するハスをこのは東方の米のシーンにあって循環して手首の間でよく動き現れて、寓意が東方の信条の中でに対して四季往復していて、生命の巡回したのは称賛します。