本土の時計のブランドの小売りの困難な局面

スイスバーゼルの時計の真珠や宝石展が帰国する後から、廊下の橋の表す創始者兼デザイナーの米の長虹は即刻北京に駆けつけて、このブランドの初中国専売店の“時間の廊下の橋”がちょうど三里屯SOHOに定住するためです。

“借り賃は決してとても高くなくて、いいえ4万元まで、()2階選ぶのは1階の自身が位置がないので、私達は(2ビル)1つのガラスカーテンウォールを利用してヘッド・ライト箱をすることができて、特に夜は”にとてもはっきりしていて、米の長虹は手配の店員、装飾と財務管理のソフトウェア以外、また(まだ)1つの小さい事務室を設計して、“すべての客に自発的に来るように期待することがあり得なくて、私達はいくつかロードショーのイベントをするのを計画して、いくつかハイエンドに行ってshoppingmallはイベントをします”。

この社の100㎡の専売店の開業ところが彼のしようがない下の選択、資金などの原因を含んで、単独で1つのブランド専売店を出すのがきっと商業のリスクを高く備えたので、米の長虹は表して、ブランドの個性は、ジャンプする性のとても大きい製品をすることがあり得ないためをの強調する、これで専売店に更に制限を受けさせました。

国内の特約販売店あるいは地区代行が見つかるのが廊下の橋の時計にとってほとんど“あり得ない完成の任務”です。

“実際には、以前にも販売店あるいは中国区代行を探しを試みたことがあって、しかし試みを経て、ローエンド百貨店は適しないで、その要求の商品を持つ方法は私達が受けることができないので、亨の縁起、亨得利などの大時計会社に対して、彼らが私達の製品が、が良いと感じるがしかしさすがに評判がなくて、このブランドを育成することができなくて、(販売を通じて(通って)特約する)持って来て金が儲かったのです”。

唯一廊下の橋と表すのが協力が成立する飛亜達専門店で、かつやっと1ヶ月始まって、たとえこのようにとしても、この種類はシステムの非の常規の方法を小売りしても“シェークダウン”に属するのを開拓します――2012年2月下旬から、上海浦東空港と寧波天の1広場の2社の飛亜達専売店に位置して、一部の廊下の橋を提供して製品を表しを始めて、“主にやはり(それとも)ブランドの主なおす4、5のシリーズ、私達の価格ラインが飛びより亜達するのが高くて、そのため、それは盲目的に多くの商品に入る勇気がなくて、代方法を売って売り払った後に、で月ごとに決算します”。

3月21日まで、このような売る合作方式に代わって第一ヶ月の内に記録する発生のいかなる販売がありません。

2011年9月、亜自発的に廊下の橋に相談を約束して表してその専売店に参加するのに達するのを飛びます。米の長虹は表して、通常飛亜達専売店の面積は100~200㎡で、モノカルチュアは品物の脾臓の“確かなのが損失がまちがいないだ”がおのずとあって、そこで“衝突のブランドをいくつか探さないで加入しに来る”ができます。

事実上、この生存の困難な局面は表して苦しめている廊下の橋が決してしかなくなくて、ほとんどすべての本土の時計のブランドはすべておなじな残酷な現実に直面していて、スイスバーゼルから展示に参加して中国に戻って、本土の時計のブランドはずっと正常な小売りのネットワークを獲得することができません:中のハイエンドの市場と小売りのルートは、基本的なことに屈服して商業利潤で西方のブランドに独占させられて、甚だしきに至っては国産の時計の大企業も簡単に新しく中国の3線のブランドの“急ぐ”に入るにマーケットを出られることができます。

比べて見て、あれらが気楽に獲得することに成功してしかも急速に国内市場の西方のブランドを占拠するので、SWATCHグループ所属の美しい度が(MIDO)を表しを例にして、これはスイスが別に7年で別に大きい商標のブランドの拠り所グループの優位で別に、で左右の時間(2005年から大陸の市場をやり直す)それを商店を小売りして覆って167の中国都市(その中に着いたのに特約して、北京は38社、上海を持って32社)を持って、先月によってバーゼル時計真珠や宝石展所の発表する最新の計画で、今年美しい度はまた(まだ)中国にあるを少なくとも50社が特約して商店を小売りするのに増加し始めるのを表します。

しかし、本土のブランドはほとんど適切な特約販売店あるいは代理店が探し出せないで、自分でどうしても実際のお金を取り出して、直販の店で投資しなければならなくて、天津カモメ腕時計グループは正に9億人民元左右正に中の一つ、正にこのグループのすべての業務の年の売上高正に(オリジナルブランドの腕時計およびの外でチップなどの業務を供えるのを含む)です。

カモメ時計専売店での発展の中で、いっしょに開元のホテルグループはその開拓の新しくネットワークを小売りする1手目になりました。カモメは杭州支社の王兆泉マネージャーを表して記者にこの地区の進展を漏らして、“現在のところの既存の5社の(開元)のホテルは私を探して専売店を話し始めて、しかし私達はあれらの通りに面したホテルを選びたくて、未来少なくとも5社~8社の専売店を出します”。

カモメの表す高玉波も表して、グループは少量の地発展特約販売店のの“店中店”、“直販の店がその割合と大体8:2だ”を排斥しません。

最近カモメと表しているのが面談する協力する便オリエンタルの行は(1961年に創立するので、香港聯合取引所の発売する時計の小売商で第一つで、通し番号の398)、所属支店のネットワークは全中国を覆って、百近くの世界のトップクラスの時計のブランドを代行して、さらに、約144のブランドをロレックス、チュードル、伯爵、ロンジンとオメガなどのスイス名がブランドを表しを主なにします。

時計の業界の中で、オリエンタルの本土のブランドとの協力は屈折は小売りする業界のもう一つの“潜むのが規則正しい”をも出すようで、もし先輩の時計のメディア人兼作者のコンウエイの凱は電話の取材を受ける時表した、特約販売店“定価の権力と割引の権力を掌握しないで、ロレックスを売るのはまた良くて、もしも2年目、(ブランド)価格は0.5パーセントあるいは1パーセントのの十分なそれを高めて受けました”。かつ、“()がブランド自営店、ではなくてより多く’舗装する石だ’”、つまり、ブランドが中国市場初期に入って素質の良い代理店が店をオープンすることに、ブランドいったん“売りを心配する必要はない”、とても有り得る“金を使って店を直販の店に買い取って、する”行きを許します。

多くの専門家は楽観的ではない態度を抱いて本土の時計のブランドを議論して発展してネットワークの現状(も未来を予測することができない)を小売りしに来ましたけれども、しかし確かでの、もしそれらは90年代とてもブランドの発展のを逃しのでことがあったら時期、それでは、それらは今より多くブランドをして、市場をするのに行きに投資しなければなりません。