時間を知らせるシステムの発展

ブレゲの大家の製造したのはチップを表しを聞いて、彼の発明した音のリード装置はその時を改善して普通で時間を知らせるベル設計の空間問題を採用することができます。

時間を知らせるシステムの発展、初期時間を知らせて、新聞がおよび半分が(half quartersを刻みを申し込みを刻む、7分半)、1750年まで着いた左右現れた今よくある3聞きます時間を知らせるモデルの表(時間を知らせる、新聞刻むおよび申し込む分ける)、イギリスの表を作成する師John Ellicott最初に大量に生産するこのような3聞く時間を知らせる表す表を作成する師。ブレゲの大家の発明する音のリードシステムが改良して時間を知らせる表す空間問題後で、このような3に時間を知らせて表して19世紀にいっそう普及させるのを聞かせて、でも当然で、時間を知らせるのは表す依然としてトップクラスの時計の技術の作品に相当するのです。

時計の時間を知らせる機能は19世紀初めに人工照明と夜光の時計の文字盤(luminus watch dials)の登場が次第に実用的な意味を失ったのに従います。その上この時フランス製の公定価格の時計は大量にダンピングをしてイギリスとドイツの時計の制造業に重傷を負わせて、時間を知らせる機能の時計を備えて次第に歴史の舞台から退出するのをさせます。すぐこのように、時間を知らせる機能のメカニズムがとても複雑なため、特に入念な度は技術の難度ともっと高いのは時間を知らせて表して、そのため今日あるいは時計が時間を知らせてすでに純粋な技術に転化して現れたのを表しを申し込んで、伝統の表を作成する複雑な技術の代表になります。

3は表す時間を知らせる機能の構造に発展するのを今なおすでにかなり成熟した聞いて、機械の構築は大体多すぎる変化があることはでき(ありえ)ないです。

時計のは時間を知らせて17世紀に発明にから設置して、多すぎる年の発展はこのような歯ざおとカタツムリの形のカムの構成する機械の構築を利用して今なおすでにかなり成熟しました、そのためLouisBrandt &Frereは1892年に第1がただ3だけ搭載して時間を知らせる機能の腕時計を聞きを出す時、チップ(愛の相手の製造から)の採用した便は懐中時計の時代の時間を知らせる構造から移植するので、かつ今なおそのまま用います。そのため今ブランドは3発展していて表す重点を聞いて、多く重点的に時間を知らせる楽音のは現れています。

謎を表しにとって、3は腕時計の時間を知らせる楽音にブランドの技術の水準を象徴するだけではないをの聞いて、更に直接感情の上の共鳴に影響を及ぼすことができて、だから愛玩する楽しみを増加しました。理想的な時間を知らせる楽音はできるだけ必ず歯車の運行する雑音障害を下げなければならなくて、音質は澄みきっていて高らかに響き渡って、同時にブランドの技術の実力と性格が現れるのを更に1歩進めます。そのロレックスデイトナコピーため先進的な技術技術を運用して、対応して音の金槌、音のリードを含んで、および速度変調の構造の含めるいくつ(か)の影響の時間を知らせる楽音の核心素子は改良して、時間を知らせる楽音の品質を高める、3が時間を知らせる腕時計に更に鮮明な性格を聞きを与えます。

音のリードの固定的な方法の改良は共振の効果を変えることができます。バセロン・コンスタンチンの1731チップはチップの連結する音のリードの充電器と殻のつながる部分を延びだして表すでしょう、時間を知らせる音の順次伝える共振の効果を高めます

音のリードの長さは時の音調と強さの外に影響して、音のリードのホルマントは音質に対して一定影響もあります。現在のところは続々と四角形の切断面の音のリードに変更して使用する多くのブランドがあって、音の金槌の接触する面積を増大してと音の強さを高めに来を利用します。

速度変調の構造は時間を知らせる構造の中でリズムの装置を決定するので、でも運行する時の騒音も妨害の時間を知らせる音質の元凶で、そのため現在のところのブランドはすべてこの構造に対して改良します。