誰の少年時代、このような1枚の“ケーキ”がありましたか?

中チャドのミュアー(RICHARDMILLE)は伝統設計の範疇を突破して、今年のジュネーブの時計展の上で清新な流行の“キュート”の腕時計を出して、入り乱れていて多様な色、で子供の心の様式設計を満たして、受け手に中からすばらしい少年時代を回想させて、子供のころの子供の心の楽しみを経験します。次に、私達に共にその中の1モデルの精巧で美しい腕時計を鑑賞させましょう。(腕時計の型番:RM07-03 Cupcake)

今回のニューコンセプトはモデルを表して2つのシリーズ、共に10モデルの腕時計に分けて、Fruitsシリーズの腕時計は共に6種類の好みを出して、デザートの楽しみに向って敬意を表して、色の入り乱れているキャンディで基調を設計するとしてモデルを表して、アクリルの顔料を採用して色彩の漆など技術と描いて表を作成しますモデル;Sweetsシリーズの4モデルの腕時計は大きい見える火のエナメルのベニヤ単板あるいは黒色のチタンの金でクロムの金と巧みに演繹してなって、すばらしさに満ちているすばらしい意味合いを再現します。

このSweetsシリーズRM07-03 Cupcake腕時計は幸せなケーキで霊感を設計するとして、斬新なのは色を合わせて設計して子供の心の記憶のもとの入り乱れている時代が現れます。殻を表して12本の5本のチタン合金のスプラインのねじその上316L精密な鋼で磨損のワッシャーを抵抗する組み立てて、両面を配備して目がくらみを処理するサファイアの水晶の鏡映面と全く新しい色の表す小屋防いで、3層は表して殻の中で2つのゴムの小屋を添えて、防水は50メートルに達することができます。

設計と製造の方面で、中チャドのミュアーはチップ、を殻に表して時計の文字盤と全体として考慮して、そして全く新しい色の陶磁器を採用して作って小屋を表しに来て、濃い藍色だとコバルト色TZP複合陶磁器を2が合して1となります。このような材質がきんでているのがあって特性ときわめて低い伝熱係数を漕ぎに耐えて、同時に更に堅固で優美で華麗な筋模様の様式。

時計の文字盤は5級のチタンの金とプラチナを採用して製造してなって、通って手製で上薬を塗って、そして盤面の中がコバルト色のサファイアと砂石を象眼する弗、盤面中のが図案を制作するのが1つのケーキは、またダイヤモンド、ダークブルーのサファイアを付けてあるのが砂が弗石に来ないで時と標識、全体が特に立つあたかも華美なようです。

底を表して採用してはっきりしている設計を背負って、腕時計の内部はCRMA2チップを搭載して、中チャドのミュアーは捨てて殻のスペーサを表して、チップを置いて4本のチタン合金のネジ固定の車台からゴムの上で設置して、そしてそのために可変的な幾何学の自動皿を添加して、つける者のイベントによって更に主なぜんまいの鎖の力度を調整する上効率がありに慣れることができて、弦を十分補充した後に50時間続く動力を提供して保存することができます。

中チャドのミュアーのブランドはずっとハーフバック大胆な様式設計で手首の間で逸品が現れて、パネライコピー腕時計ごとににすべて持って度のきわめて高い外形の様式きわめて力強い内在する核心を知っているのをおよび弁別させます。今回の“キュートの”テーマの10モデルの腕時計は皆制限して30発見して、聞くところによると、展の展示期間便を表していてすでに暇を売りました。