古代インドのグラムの上品な宝はただ1篇の時間の詩を書いているだけです

愛情は志を変えないことを誓って、めぐり会って四季をまたがり越えます。アーチ橋の上の恋人、四季服装を変えるため、細部の場所、更に創意に会います。サファイアの水晶は鏡の上の金のワシとエナメルを表して時計の文字盤設計と呼応して、背を表して精致な図案を彫り刻んで、時計の文字盤の上の感動させる愛の曲に呼応します。

古代インドのグラムの上品な宝にとって、時間に間もなく流れ去るだけではない1分1秒。それは時間にもっと多い意味を与えて、それはもっと独特だしかも詩情の方法でつける者を導いてそれぞれの平凡であるいは偉い時間を過ごしを試みます。あるいはこのように言うことができて、古代インドのグラムの上品な宝はただ1篇の時間の詩を書いているだけです。それは時間がただ生命の一部分だけを知っていて、たとえ私達が分けて、を追いを秒追うとしてもそれを引きとめておきを試みて、すべてつかの間の運命を逃げることができません。時間を引き止められないで、更にすばらしい方法を使ってそれを記録して、これは古代インドのグラムの上品な宝の時間にのブライトリングコピー、時計の解答でです。

今のところ、新しい恋人の橋は間もなく私達と出会って、それは腕時計と真珠や宝石の完璧な融合で、愛情のストーリが時間と為替で送る作品を渡すです。愛情と時間に関して私達は標準の解答がなくて、多分このパリに対する恋人とと同じに、付き添って互いにすべての四季、日と夜に歩いたことがあります。ブランドは今回また(まだ)特に紳士のためにメンズの恋人の橋の腕時計を出して、寓意はあなたが夫と対になることができるのを望んでいます。