ジラール・ぺルゴの復刻版の‘Laureato’の腕時計

41ミリメートルの直径は殻を表して再度世間に現れて、きっととても大きい時計の設計する潮流を巻き起こします。腕時計は第1世代の既存の指揮棒の形のポインターと蛍光を採用して飾って、時計の文字盤(石灰あるいは軍の青い)は‘Clous de Paris’の細い格の模様を印刷してあって、1975初版のすばらしい美学を貫徹します。3時に位置に期日の表示があります。結晶性鉱物は反射光処理を経て、背を表して更に藍宝の結晶性鉱物があります。