ハンカチの瑪の強い尼はTonda 1950 Clarityにすべてで腕時計をあけるように出します

Tonda 1950腕時計の優雅なのがダイヤモンドの時計の文字盤のを埋め込みして惑わしにいっぱい出会う時に、魔力は瞬間開放します。“常規を転覆する”の伝統を踏襲する同時に、今回のハンカチの瑪の強い尼の設計は力を入れて突然でダイヤモンド元来本当にまた少しの静態の美感を現して、目的のモザイクタイル式の配置をまぶしく刺してこれらの並外れている宝石のために生命を注ぎ込みました。

漸進する段階、昇華の感情

Tonda 1950のシンプルでなめらかなアウトラインの線、各種の外観とすべて調和がとれている共に解ける時計の文字盤、ハンカチの瑪の強い尼の風格の精髄を体現しています。このようなに突き出るのが絶対的なために優雅で、ハンカチの瑪の強い尼はクラシックのラインストーンの時計の小屋の基礎の上で、Tonda 1950 Clarityを製造してすべてで腕時計をあけて、ダイヤモンド設計する主役になって、腕時計の華美な風格のためにまた1筋の活力を増やすのがとはなやかです。

ハンカチの瑪の強い尼Tonda 1950 Clarity腕時計の時計の文字盤は5種類の異なる大きさの円形のダイヤモンドでまったく装飾を埋め込みして、すべてのダイヤモンドの大きさと位置はすべて精密な計算を経ます:最小のダイヤモンドは中に立って、少し大きいのはすぐその後に続いて、少し小さいのはめぐる時分布を表示します――この配置は1ラウンドのまた1ラウンドのレイアウト設計を通って進化を計算するのとなります。

1モデルの並外れているのが行うとして、Tonda1950Clarityはすべてあけて腕時計の見たところシンプルな構造の下で入念な非常に細かい設計の理念に隠れています。一粒ごとに心をこめてよく考慮するダイヤモンドを通って、すべてこの高めて壮観な未来図の中で不可欠な効果を発揮していて、この世のからなって双眼のの“視覚の落とし穴” (trompe l’œil)に戸惑いますか、全体の時計の文字盤まるで天井形を呈します。光線が時計の文字盤を照射する時に、ダイヤモンドは自然と開放して目のきびしい独特な光芒をまぶしく刺します。

Tonda 1950Clarityはすべて腕時計のこのをあけて構造の理念を象眼して精致で複雑でしかも活力が四方に放って、再度ハンカチの瑪の強い尼の非凡な創造力を実証しました。時計の文字盤のダイヤモンドの総計を飾って620粒の(いつも重い2.495カラット)に達して、表して象眼するダイヤモンドの総計を閉じ込めるも84粒の(いつも重い0.6460カラット)があります。

Tonda 1950Clarityはすべてが腕時計のバラの金をあけるのは殻の組み合わせを表すとバラの金の材質の時計の鎖で、非常に豪華な全体の効果を表します。プラチナはモデルを表して真珠のバイモの色の小さい牛革の腕時計のバンドによく合って、このような皮質のできめ細かい光沢は冷やかで美しくてモダンな外観を作りだします。もう一つの装飾は図案の真珠のバイモの色の小さい牛革の腕時計のバンドを印刷するのをおさえるのがいて、更に突然女性のしなやかで美しい魅力を現すことができます。