アテネの万年暦の使うUN-33万カレンダーのチップ

アテネの万年暦のチップはとても深い歴史の源があって、アテネの万年暦が使用UN―の33チップ最初を表すのは(Lemaniaから研究開発したのパテック・フィリップ、バセロン・コンスタンチン、ブレゲ、オメガの月が表してすべてLemaniaチップを使ったことがあるので、Lemaniaは今ブレゲ)に属します。1995年、スイスの有名なチップ工場LemaniaのLemania1340チップでの基礎、アテネ、エベルなどのため、1つのチップを研究開発して、このチップは便利な設置の各種の機能モジュールのことができます。その中のアテネは特許の万年暦モジュールを設置して、今日UN―の33万カレンダーのチップを発展しだします。エベルは時間単位の計算モジュールを設置して、エベルの137時間単位の計算のチップを発展しだします。ブレゲの582時間単位の計算のチップもこのLemaniaチップの基礎上でで、派生してくるの。

アテネの万年暦UN―33チップだが、激しいのは見ますと、納得できない人がいてこれはどんなチップですか?通用するチップではありませんか?実際にはUN―33はいろいろと技術の解け合うアテネの自分で作るチップ1枚です。更におもしろいののは、アテネは2012年にUN―の33チップの“兄弟”のエベルの137チップをも所属に回収して、アテネの自分で作るチップ、つまりアテネUN―150時間単位の計算のチップになります。

ここから、UN―の118(自動3針)、UN―の33(万年暦)、UN―150(時間単位の計算)のこの数(何)のアテネの自分で作るチップ、すべてアテネの装飾の標準によってアテネの主力のチップとして、を磨き上げます。