格拉蘇蒂はオリジナルなのは新しく潜む水道のメーターは人気商品になることができるかどうか?

5月の時、スウォッチグループの下の6の大きいハイエンドのブランドは2019年の新型を発表して、価値があって関心を持ついくつか新型があって、その中はひとつの格拉蘇蒂のオリジナルなSeaQシリーズで、政府の名前は“専門家のシリーズ”と言って命名の上でとダイビング関係はとても浅くて、見たところ後でとても恐らく拡充して、歴史の上で格拉蘇蒂のオリジナル(前身の時期に)も航行する空リスト、軍需産業のメータなどを生産したことがあるため、潜む水道のメーターはおそらく第1歩があって、当然な現在のところの政府はこの言い方がなくて、ただ個人は推測します。本題に戻って、SeaQシリーズは1モデルの専門の潜む水道のメーターで、格拉蘇蒂のオリジナルな売っている唯一のひとつの潜む水道のメーターのシリーズです。

独は過程で復興を表して、クラシックで歴史の記憶の路線を呼び覚ましてずっと主導を占めて、正装の時計の以外のスポーツをしていて表すいくつかの小さいブランドがありますが、しかしハイエンドのスポーツは表してずっととても不十分です。PPは全国各地、に縦横に走って相手が50噚がある皇室のゴムの木と皇室のゴムの木のオフショア型、ブランパンがありが好きなあるオウムガイと“手榴弾”、バセロン・コンスタンチンがあります……すべてのハイエンドのブランドはほとんどすべて表すスポーツがあって、しかしドイツが最も重要な2人の代表のランゲと格拉蘇蒂を表してオリジナルだまだなくて、ドイツの表す表す謎が好きだのが言えるのは期待してとても長いです。

今年格拉蘇蒂のオリジナルはSeaQシリーズを持ってきて、一定程度の上でこの空白を補充しました。そして格拉蘇蒂のオリジナルは過去実はスポーツ型にモデルを表すように出したことがないのではなくて、しかしそれからすべて次々と退役して、ただ議員のシリーズ、復古のシリーズ、女性だけを残してシリーズのこれらの比較的すばらしいデザインといくつかハイエンドの複雑な腕時計を表します。ここ数年来、スポーツが市場を表すのは非常に火のように熱くて、その上市場を受けて影響して、ブランド達は入門する敷居を下げるのを始めて、そんなに重んじる価格性能比、丈夫で丈夫なスポーツは表して、ひとつのになって開発する領域を早急に要します。

実は、2010年に、格拉蘇蒂のオリジナルはすでに潜む水道のメーターがありました――SPORT EVOLUTIONシリーズPanorama Date潜む水道のメーター。その時この潜む水道のメーターはCal.を搭載しました39―42型は自動的に鎖のチップに行って、動力は40時間貯蓄して、200メートル水を防いで、丸天井は小屋を表して、ねじ込み式は冠を表して、付いていて冠の肩のプロテクターを表します。この腕時計の定価の6万余り、今の価格によって、ロレックスの水より鬼更に安くて、でもブランドの原因を投げ捨てて、各方面は確かに水の鬼配置が少し仲が良いです。この潜む水道のメーターは今まで更新がなくて、今年SeaQ潜む水道のメーターの出現まで。

今年格拉蘇蒂がオリジナルで共に3つのバージョンSeaQの潜む水道のメーターを出して、それぞれ常規バージョンSeaQ潜む水道のメーター、SeaQ PanoramaDate大きいカレンダーの潜む水道のメーターとSeaQ1969復刻版の潜む水道のメーターのため。その中の前で両者は制限しないで、鋼の鎖、ゴムテープと織物の腕時計のバンドがあって、SeaQ1969腕時計は69制限して、選ぶことができるゴムテープと織物の腕時計のバンドがあります。

サイズの方面で、限定版と常規版が小道を表すのはすべて39.5ミリメートルで、厚さの12.15ミリメートル、1つの比較的ちょうど良いダイビングの表尺の寸で、大きいカレンダーバージョンは小道の43.5ミリメートルを表して、厚さの15.65ミリメートル、サイズが全く上回る前の大きいカレンダーバージョン。現在のところの潜む水道のメーターの市場について見に来ますが、3モデルの時計の時計の小道はすべて比較的受けることができて、でも大きいカレンダーバージョンの厚さはやはり(それとも)比較的怖くて、太い計略の紳士に適合します。具体的な情況は私が立つ前に既存の文章は詳しく紹介したことがあって、みんなはクリックして(ドイツの豪華な潜む水道のメーターの強い勢いの帰り)を調べることができます。