GrandDeck大きい航海する旗艦陀はずみ車の腕時計

GrandDeck大きい航海する旗艦陀はずみ車の腕時計、独特なのは自動的に数字に帰って時設計を跳んで、荒縄としてハイテクのナノの繊維線を利用して、ホアガンを引けて分を表示しに来て、2つと軸心の回転台の上で時間を表示します。6時の位置陀はずみ車の設計は非常によく見通しがついて、プロペラの造型で製造して、帆船のもとの様子が現れます。この複雑で独特なハイテクの時に計算して、その時に全体のトップクラスの時計の業界の関心を受けました。

今年出すMegaYachtパイロット艦の腕時計、GrandDeckの大きい航海する腕時計の継続なだけではなくて、アテネがアイデア設計方面のを表してまた突破するです。7海に縦横に走って、なしは風波に怖がります。この“遊覧船の時計”をつけるのは手上でどんな味は私達がまだ知らないので、しかしこの“遊覧船の時計”の味、私達は先に“味わってみる”に来ることができます。