フランスの小さいブランドKoppoは木質の時計の文字盤を出しました

パテック・フィリップ、バセロン・コンスタンチンはすべて“細い木が象眼する”の時計の文字盤の作品をしたことがあって、多種の異なる色、材質の材木を使って各種の図案をつなぎ合わせだします。技術が複雑なため、これに加えて位置を測定して、そのため値段が高くて、人民元の100万0000が必要です……

フランスに似ている製作の理念を採用する小さいブランドKoppoがあって、いくつかの木質の時計の文字盤の作品を出しました。時計の文字盤は同様に天然の木目で、図案はつなぎ合わせてなるを通じて(通って)。当然で、図案の複雑なのはおよび精密な程度ははるかにしかし、はPP、VC価格が、最も高い279ユーロが安くてたくさんなことに及ばないです。