ロンジンは中国馬術サーキット成都駅を表して優雅で幕が下ります

“2014ロンジンが中国の馬術のサーキットを表す”(Longines China Tour)の成都は温江の金馬の国際馬術スポーツ公園に立って閉幕します。ドイツの伝奇的な騎手のフランク・斯洛塔克(Franke Sloothaak)はきんでている振る舞いに頼って、重点の試合の“ロンジンの時計の賞付きの試合”(Longines Grand Prix)の冠をとります。スイスの有名な時計のメーカーロンジンは表して試合いつも名前を付けるスポンサーと政府の時間単位の計算にご就任になって、そして中国の馬術と力を合わせて長期の戦略的パートナーになりを宣言します。これで、“2014ロンジンが中国の馬術のサーキットを表す”のは前3試合はすでにすべて幕が下りて、つまり第4試合の決勝戦は12月5日~7日に広州で開いて激しく競い合います。

“2014ロンジンが中国の馬術のサーキットを表す”はサーキットの形式で多数の主要な都市間の催すトップクラスの馬術の試合で国内の初で、国内の試合の試合に参加する騎手と現場の観衆の数量の極みを作って、年間共に4試合を含みます:北京駅(5月23―25日)、上海駅(10月24―26日)、成都駅(11月7―9日)、および広州駅の決勝戦(12月5―7日)。前3場は試合の試合の規格に立って国際馬術連盟の場所の障害レースの二星級の試合(CSI2*)の水準に達したのに分けて、決勝戦は更にアップグレードして3つ星級の試合(CSI3*)になるを、サーキットの総は金額に人民元の327万元に達するのを表彰します。】

11月7日~9日、“中国の馬術のサーキット”の成都駅の試合は温江の金馬の国際馬術スポーツ公園の引き離す戦いの幕にあります。注目する“ロンジンが賞付きの試合を表す”を受ける中で、18人の騎手同場のスポーツを全部で。ドイツの伝奇的な騎手、オリンピックのチャンピオンのフランク・斯洛塔克の筆頭になる7人の国際騎手の優雅な見得、国内名が黄の祖を引き分けして、李振が帯状の絹布の鉄などが強くてとも次から次へと試合に参加して、国際有名な騎手と激烈にたたかいます。最終、フランク・斯洛塔克は頼ってプレーの中のすばらしい振る舞いを付け加えていて、0減点の43秒の08の成績で冠をとります。ウクライナの試合に参加する騎手の黒いなんじのリッチー・キルヒホッフ(Ulrich Kirchhoff)とオランダの選手の阿のニック・プールのこの(Aniek Poels)に2、3連名を別々に得るように代表します。

ここ数年来、ロンジンは馬術を目撃証言して運動を国内での迅速な発展表します。2011年から“ロンジンの時計の北京国際馬術の大家試合”(Longines Beijing Masters)は国家体育場の“鳥の巣”をログインして、2014年まで正式に名前を付けます“ロンジンの時計の国際馬術連盟の障害飛越競技のワールドカップの中国のリーグ戦”(Longines FEI World Cup Jumping ChinaLeague™)、はロンジンは表して更にその年に中国の上海で全世界最も高いレベルの馬術の障害飛越競技の試合の“ロンジンの時計の環球の馬術の選手権大会”(Longines Global Champions Tour)が現れます。いまどきになって、ロンジンは中国の馬術と力を合わせて長期の戦略的協力のパートナー関係になりを表して、そして“2014ロンジンの時計の中国の馬術のサーキット”が現れて、勢いは馬術を引き続き増進するを運動して国内での普及、完璧にロンジンを解釈して馬術を表してと精密で正確で、優雅できんでている表現する共通の追求について運動します。

今回の“2014ロンジンの時計の中国の馬術のサーキット”の成都駅をきっかけにして、ロンジンはまた優雅なことを表して馬術のスポーツ生む康のプラチナのシリーズ(Conquest Classic)の腕時計だけのために現れます。今回の試合のは腕時計が1モデルの康のプラチナのシリーズの精密な鋼のバラの金男が表すのを指定して、この腕時計は搭載して自動的に鎖の機械のチップに行きます。銀色の時計の文字盤の上に装飾は3つのアラビア数字の目盛りと9つのがありますかSuper-LumiNova®夜光の小さい目盛り、時、分けるの、秒、期日を表示します。康のプラチナのシリーズのすべてのがモデルを表すとように、背を表して透明なサファイアの水晶を付けてあって、機械的な精妙な運営を一望ですべて見渡せさせます。