“グリニッジ標準時の北京の旅”の時計展

今回のパテック・フィリップの催す“グリニッジ標準時の北京の旅”の時計展は隣接しているパテック・フィリップの北京源の邸での中国の鉄道の博物館正陽門館の催しを、主旨は多い標準時区の腕時計の歴史に向って敬意を表します。

中国の鉄道の博物館正陽門館はもと京から鉄道の正陽門の東の駅の旧跡(前門の駅)を献上して改築してなって、博物館の建築面積の9485㎡、この駅は澄んでいる光緒の29年(1903年)に作られて、1906年に竣工して使用し始めて、1959年に北京駅が竣工し開通した後にそれはやっと歴史的使命を完成して、現在のところは館内展と陳の中国鉄道の130年余りの発展の軌道にあります。

今回の根源を探る旅にごく分かりやすく公衆に多い標準時区の腕時計の発展の歴史と技術の精髄を展示することができるため、パテック・フィリップは博物館3層の1100平方メートルのホールの内で、専属コーナーを建て始めて、一連のマルチメディアの道具を利用して、浸る式の見る展を製造して体験して、優雅な風格と多い標準時区の腕時計の先進技術兼備する発展の過程を演繹します。