だんだんしっかり見られたオリス

たくさんみんなの熟知した時計のブランドを比較し始めて、オリスは向かい合うマイノリティーので、向こうへ行く数年の中で、オリスの私にあげる感覚はずっと比較的地味で、しかし2014年にブランドが110周年創始する後から、オリスはとても明らかな変化があったようで、オリスの話題とに関して友達の音を表して著しい増加もありました。オリスは公認するひとつのが比較的価格性能比があるので、比較的自分の特徴の腕時計のブランドがあって、ここ数年来のオリスの出した青銅の時計、65年にもう1度時計を刻みを紀念する、大きく冠のパイロットを表して表すはすべて大きく歓迎を受けて、これらのみごとな製品は大体オリスの今のところの知名度を高めました。

単独で表を作成するブランドの策略を維持します

オリスを言い出して、それは私に最も強烈な印象をあげて、それが依然として単独で表を作成するブランドの策略を維持しているのです。ブライトリング、アテネなどの著名な表を作成するブランドが次第に主が変わりに従って、今のところの資源の高さの集中する化のグループの戦略の中で生存して下りてくることができる単独での表を作成するブランドはだんだん少なくなって、特に影響力はそんなに大きいブランドではなくて、たくさん単独で表を作成するブランドは依然としてまだあって、しかし過去とすでに全く同じように言ったことはできませんでした。オリスは現在のところの少数がいくつ(か)依然として単独で、かつ良いブランドの中の一つを経営するのです。

1904年から今なお誕生して、オリスもすでに1つの正真正銘の百年の表を作成するブランドになりました。実はオリスと漢のミルトンのこのブランドは少し似ていて、光り輝く時にすべてとても勇猛果敢な表を作成する実力を持って、しかしそれから石英の危機の中でだんだん落ちぶれていて、前世紀70―80年代表を作成する業の重大な再編過程で、オリスは1度ASUAGグループ(Swatchグループの前身)、それからRolfPortmannとUlrichW. Herzogに入っていました(全世界の総裁を担当している)はまた株権を買い戻して、オリスを1つの単独で経営したブランドにならせました。今のブランドの構造から見に来て、その時HerzogとPortmann先生がオリスを買い戻したのはきっと正しい決定で、スウォッチグループはすでにロンジンがあって、オリスはきっと格下げさせられて、恐らく漢のミルトンの運命とたいして違いません。

独立性はオリスに一定程度の上の革新の自由を維持することができて、そのためオリスが市場で製品を広めておよび更新するしたのが比較的大胆なことができます。