Butexは組針の時間単位の計算を追って時計を積み重ねます

示した事は1枚のButex組が針の時間単位の計算を追って時計を積み重ねるので、てこの全体の配置を通じて(通って)推定することができて、チップはLanderon製造工場に出るべきです。この腕時計の両は針の構造を追って10時の位置の押しボタンに位置するからアクティブにして、このようなVenusとValjouxチップと全く異なる設計して、しかし偶然に一致するのIWCとランゲの現代の両が針の時間単位の計算を追って時計を積み重ねるのに類似するのです。これらの腕時計、伝統の時間単位の計算に似ていて時計を積み重ねて、それらは手首の間で飾るのなだけではなくて、更に機能性に重点をおいて、本当に時間単位の計算のに用います。

その外、チップの機械的な複雑性も感心するでした。それらは歴史の上で最も驚異的で最も複雑な腕時計のチップの行列に属して、甚だしきに至っては2モデルの大きいスケール生産の究極の復古が時間単位の計算のチップの中の一つを収集するのと称する資格があって、もう一つのモデルはロンジンの13ZNです。もしも考慮しないで潤色したら、13ZNは恐らく美学と設計の方面で優、しかしVenus185/Valjoux を占めます55VBRの複雑性は絶対に更に1寿勝ちます。