Chopardショパン古い技巧に続きます

日本の伝統が植えて芸術を描く中で、生ウルシの原料は“ウルシ”(Urushi)の樹脂と称させられてから抽出して来るので、心がこもっている採集、エージング、加工処理を経て生ウルシを製造することができます。生ウルシの原料はきちんと準備して層の上で漆を追うことができて、しかも一層ごとにが皆きわめて細かくて薄いです。大家を描いてその中で1面1面がかすかにとても、事前に注文して作らせて良い真珠の雌の貝を切断するのをはめ込みを植えて、のためL.U.C XPUrushi“酉年”の腕時計の時計の文字盤は真珠の雌の貝のを加えて虹彩と光り輝く輝きに明滅します。時計の文字盤の上のキンケイが威風堂々としていて、頭をもたげるのが胸、補佐する力をまっすぐに伸ばし見えるふくよかで、後ろに日の出の景を下に敷いています。そばのグラジオラスは幸運を象徴して、8束全部で、“8”はめでたい数字を代表するのです。

これらの技術要求のきわめて厳格できめ細かい労働者法、ただ長年豊富な経験を持つ先輩の職人師を持ってようやくこの技巧に精通することができて、彼らが一生の精神に貢献してこの技術を高めるのに力を尽くすため、すべての手振り動作に対して皆絶えず改善することを求めて、力の臻が完璧です。このようなの職人態度と美徳はChopardショパン所の執着する理念です。往年とL.U.C XPUrushiが植えるのが腕時計を描く同じで、この貴重な時計の文字盤を作るため、Chopardショパンとその忠実なパートナーの山田の無事な堂(YamadaHeiando、日本の皇室御用漆器メーカー)は協力します。彼らはいっしょに日本の国宝級漆芸大家増村の紀と一郎(KiichiroMasumura)を共同して設計を担当してそしてすべての時計の文字盤の製作を指導して、そして漆の芸の大家の小泉の3から(MinoriKoizumi)が自分の手で制作するのを教えます。