ブライトリングの全く新しいカーキ色はモデルを表して、1段の航空の伝奇を再現します

ブライトリングと航空の世界の源は20世紀初めまでさかのぼることができて、ブライトリングは飛行する先駆者達のために第1モデルの航空の時間単位の計算の腕時計を提供して、そのためこの両者の間は1余り世紀間続く“友情”を始めました。今年のバーゼルが展を表す上に、ブライトリングは紀念とシンボル的なP―の40戦闘機の戦機メーカーの協同関係のため、3モデルの全く新しいAviator8腕時計は見得を切て展を表します。この3モデルで新しく中を表して、ブライトリングは依然として航空を重要なDNAにと見なして、緑色の盤面は緑色の腕時計のバンドの色を合わせる方案と最も濃い軍事の風を現します。続いて私達はブライトリングのその中の1モデルの全く新しいパイロットの8時間単位の計算が表しを積み重ねるのを例にするを、いっしょに見てみに来ます。(腕時計の型番:A133161A1L1X2)

今回のブライトリングのパイロットの81は共に3モデルの時計のモデルを発表して、2モデルの時間単位の計算は時計と1モデルの3針の時計のモデルを積み重ねます。この3モデルが新しくモデルを表すのがカーティスとライト(Curtiss Wright)と最も有名な型のカーティスP―の40戦闘機の戦闘機のの敬意を表したのが行うにブライトリングです。1938年~1944年、P-40戦闘機の戦機の大口は航空の領域の1展の宏図、ブライトリングを製造して、これが同一の時期。今回のが新しく中を表すに、ブライトリングはその航空の時間単位の計算を伝承して表す精髄を積み重ねて、自身の専門性をも体現していました。

直径の43ミリメートルの精密な鋼は殻の側面を表して、針金をつくって技術磨き上げて、またよく合って回転して小屋を表す実用的な赤色の標記する双方向があって、閉じ込めて刻みを表してすばらしいグルーブがあって、全部で60いて、すべてのグルーブは1つの分の目盛りを代表します。冠と時間単位の計算の押しボタンを表して位置して片側を表して、表して冠の上で彫り刻むブライトリングのブランドマークの“B”の字形があって、周りはスキミング防止の筋模様設計を採用して、つかんで学校の時間を握って加減するのに便宜を図って、両側の時間単位の計算の押しボタンは使えて時間単位の計算装置を制御しに来ます。

カーキ色の時計の文字盤の上で3つ色の異なる調子の副時計の文字盤が設置されていてと、それぞれ30分が時間単位の計算皿、12時間を累計して時間単位の計算皿小さい秒の皿を累計するのおよびです。3時に位置は黒色の期日と週の表示ウィンドウを設けて、生活はまた慌ただしくて、一日ごとにすべてすばらしい時間を下へ記録することができます。黒色がニッケルをめっきして頃にポインターの時計の文字盤上でとアラビア数字がすべてひっくり返る推測するSuper-LumiNova蛍光物があって、中央の時間単位の計算の秒針の端が塗って赤色のタグがあって、盤面の色と鮮明な対比を形成しました。モデルを表して1条と盤面色の軍用の腕時計のバンドによく合ってと、全体の軍事の風格を表しと互いに合って、十分なスポーツの息をも満たして、そして折り畳んでボタンを表しを添えます。

チップは搭載するのブライトリングの13型が自動的に鎖のチップに行くので、このチップはスイスの政府天文台(COSC)の認証を経て、安定性と高性能はすべて非常にすばらしくて、提供して42時間の動力貯蓄することができます。底を表すのも同様に独創性があって、上は“Curtiss”の字形とP―40戦闘機の図案を彫り刻んで、この図案の上の鯊オープントゥは第二次世界戦争の時に米国志願航空チームのパイロット(“飛トラチーム”)の戦闘機の上の漆の製図案から来ました。

総括します:ブライトリングのこの3機のカーティスの戦闘機の特別な版がブライトリングを再現して初期のシンボル的な航空の腕時計の設計の特色、今年の時計の再イスラエル軍の緑色が主な色調、として復古の格調を近代的な審美の潮流は互いに融合だ時計の友達についてと必ず同じではない選択にまた多くなりました。