大は鳴いて腕時計から腕時計のデザイナーGérald Gentaから製造

1994年に世間に現れる大は鳴いて腕時計から腕時計のデザイナーGérald Gentaから製造するので、いまどきになって、4分の1の世紀、ブルガリはすでに累計で90予算の余りに鳴いて腕時計から大きいように出して、そして今年重量級が何モデルも鳴いてから大であることを出す時計算するのを計画します。今年がGérald Genta(傑の羅尊達)のブランドの創立50周年ためです。

Gérald Gentaを言い出して、あなたは恐らく彼が誰が分からないで、しかしもし彼が名声があるパテック・フィリップのオウムガイ(PatekPhilippe/Nautilus)でしたら、愛彼皇室のゴムの木(AudemarsPiguet/RoyalOak)、バセロン・コンスタンチンが全国各地(VacheronConstantin/Overseas)と万国の技師(IWC/Ingenieur)の設計者に縦横に走る、それはあなたはきっと彼に対して新しい目で見ます。

1969年にGérald Gentaは自分の時計のブランドの傑の羅尊達を創立して、そしてスイスでLeSantierは表を作成する労働者の坊を開いて、製造陀はずみ車を備える、跳ぶ時と分が跳びに逆らう、3が聞く、大きさが鳴いてなどから複雑な機能の技術。時計は時間を知らせる機能を笑って、更に2金槌の二簧、3金槌の3リードがあって、甚だしきに至っては4金槌の4リードのウェストミンスター寺院の鐘の音が時間を知らせるのです。傑の羅尊達は2000年にブルガリに買い付けられて、ブルガリもブランドの多い複雑な技術を接収して、表を作成するレベルを新しい段階に入らせます。

実は去年9月27日、ブルガリは上海の催しの“イタリア式の宝の閣”の腕時計展の時、この腕時計を持ってきて、でもその時腕時計の材質は18Kバラの金でした。殻の直径の44ミリメートルを表して、大きさを備えて鳴いて、3から陀はずみ車、月相を時間を知らせて、万年暦、を聞きます……12項の複雑な機能を待って、その上その時間を知らせる機能は4音の金槌と4音のリードのウェストミンスター寺院の鐘の音で、時間を知らせて幸運ですべて各自の動力があって貯蓄して表示します。搭載したのは自動的に鎖のチップに行って革新の保護装置を備えて、大きい鳴いてからで時間を知らせるモデルの下で3触発して時間を知らせる機能を聞きを免れることができて、チップを保護して時間を知らせる装置の運行の時損傷に受取るのを免除します。

今年新作は殻を表して炭素繊維で取って代わって、去年のブルガリバーゼルの時計展の上で、便は元からある超薄の3の聞く基礎の上で、炭素繊維で材質としてチタン合金に取って代わって、OctoFinissimoが手動で鎖の3に行って炭素繊維に腕時計を聞きを出して、3が時間を知らせる音に合理化するのを得るのを聞く譲るを除いて、さらに腕時計の重さを下げます。その時私は続く数年を思って、ブルガリは炭素繊維技術を続々とその他に運用してモデルの上で表して、今年実現したのに思い付きませんでした。今年、別の1枚のOctoFinissimoがまだあるのが自動上で鎖陀はずみ車の超薄の腕時計も炭素繊維を採用したのが材質です。