顔立ちの上の機能に分かります:基礎の編

顔立ちの上で各式のポインターのウィンドウズは遷移表の各種の機能で、異なる順列法は異なる名称の上があるだけではなくて、チップの構造の巧みな構想・考案にもひそかに隠れます。

1匹の腕時計は最も基礎の機能便は時間を表示するので、時間の通用部門は小さく大に着くから:秒、分ける、時、日、週、月、年。時間単位の指示を除いて、腕時計の超過で付加の機能も各種の形式で顔立ち上で現れて、例えば動力は、時間単位の計算などを貯蓄します。当文章は腕時計の基礎機能の各種を整理して方法を表示して、從の顔立ちの配置は腕時計に分かりを始めます。

しばらく表示します

1/両針の指示

多数がポインターの運営を表すのはすべて円周式の運行する伝統の方法を採取するので、時間の表示はほかでもなく時、分けるの、秒だしかし決してすべての時計のモデルではないのがでも秒針の指示があって、もしも分針と2本あるいは、両針と称する時計の針がしかありません。

2/大きい3針

頃にまた秒針機能の指示に参加して大きい3針と小さい3針に分けることができるのを指示します。大きい3針の指のは時計の針、分針と秒針の3本の針が同一の軸心の表示する方法にあるのです。

3/小さい3針

小さい3針は時計の針は分針の同じ軸、秒針単独でもう一つの所の運営、小さい秒針の位置とと違いブランドのが計略を設けて6時に異なり、最もよくあり位置があるのです。

4/規則の標準形の3針一筋

規則の標準形のポインターはまた3針一筋語ります。規則の標準形のポインターは航海の時計に起源して、時間ために時間、分と秒間をそれぞれに単独でこの3本の針の大部分が直線同軸のの方法順列で、だから別名の3針一筋ため、に指示するその標準の帰依があります。

5/えこひいき式時間は表示します

比較的特別な配置がまだあって、時間を中央の軸心の方法にそれて表示するので、これらの顔立ちがまた称してえこひいきする時間が表示します。

6/数字が跳ぶ時と跳んで分けます

いわゆる跳ぶ時表すのは人目を引く数字の標示で時計の文字盤の下の時間皿で、毎時間の瞬間に一回脈打って時間を表示して、似ている構造が運用して分で跳んで分けるのと称するのを表示して、1分の皿の通常に分けて10桁の数と桁の数から構成するのを跳んで、同時に一瞬二桁の状況を跳びがいるだけではなくて、分のが行って動くも更に頻繁で、その構造が繁雑でしかも難度の高を作って、特にまた(まだ)苛酷な動力の問題を克服して、向かい合うのは市場でも比較的めったにありません。

7/跳びに逆らって表示します

逆に跳ぶのもポインターの表示する特殊な形式で、逆に跳んで形の配置をあおぐ通常を表示して、チップの構造の中でカタツムリの形を利用して1面がもう一つの端まで(に)そろえていく後からまた起点に跳んで戻るにコントロールのポインター瞬間逆らいに順番に当たります。

7/跳ぶ時と分を跳びに逆らいます

たくさんのブランドが採用して跳ぶ時ただ逆に分針の形式を跳んで現れるのによく合って、モデルが設計して跳びを表す時ウィンドウズによって逆らいと1分のある位置を跳んでそれぞれ相違があって、初期跳ぶ時位置の組み合わせに置いて12時にただポインターの時計のモデルに分けて“片目の人”と言う愛称がもありを跳びます。

8/衛星式は幸運です

多くのブランドは複雑な構造と時間を結合に表示して、伝統が現れて読む時珍しいの楽しみを表して、Urwerkの衛星式が幸運だのはその中の特殊な時間幸運な代表で、時間3軸でよく合って四角なものの方法の標示に立って、時間軸は自転で公転する運行によく合って時間を指示します。

8/直線式

HarryWinstonが減寸を出してことがある時と分は直線の構造で時間を表示して、もし戦車のキャタピラーの構造がダイヤモンドのチェーンを動かして頃を指示するを採用して、似ているカタピラの構造も単独で表を作成する師ChristopheClaretに採用させられのでことがあって、その上ChristopheClaretも磁力を利用してスチール・ボールボールと特殊な円の玉の浮遊状態の直線を研究開発しだして方法を表示してことがあります。

9/Papillon秒針は指示します

Papillon秒針は指示するのはブルガリを代表にして、この秒針の指導式は2つを利用してひし形のポインターのようだ交替で指示するので、その中の1匹のポインターが半分周行き終わってその後平行するのに変わる時に、もう一つのポインターはまっすぐに継続して指示を回転して、それはすばやい高速に動いて視覚の観賞性を高く備えるのを行います。

顔立ちの上の機能に分かります:基礎の編

顔立ちの上で各式のポインターのウィンドウズは遷移表の各種の機能で、異なる順列法は異なる名称の上があるだけではなくて、チップの構造の巧みな構想・考案にもひそかに隠れます。

1匹の腕時計は最も基礎の機能便は時間を表示するので、時間の通用部門は小さく大に着くから:秒、分ける、時、日、週、月、年。時間単位の指示を除いて、腕時計の超過で付加の機能も各種の形式で顔立ち上で現れて、例えば動力は、時間単位の計算などを貯蓄します。当文章は腕時計の基礎機能の各種を整理して方法を表示して、從の顔立ちの配置は腕時計に分かりを始めます。

しばらく表示します

1/両針の指示

多数がポインターの運営を表すのはすべて円周式の運行する伝統の方法を採取するので、時間の表示はほかでもなく時、分けるの、秒だしかし決してすべての時計のモデルではないのがでも秒針の指示があって、もしも分針と2本あるいは、両針と称する時計の針がしかありません。

2/大きい3針

頃にまた秒針機能の指示に参加して大きい3針と小さい3針に分けることができるのを指示します。大きい3針の指のは時計の針、分針と秒針の3本の針が同一の軸心の表示する方法にあるのです。

3/小さい3針

小さい3針は時計の針は分針の同じ軸、秒針単独でもう一つの所の運営、小さい秒針の位置とと違いブランドのが計略を設けて6時に異なり、最もよくあり位置があるのです。

4/規則の標準形の3針一筋

規則の標準形のポインターはまた3針一筋語ります。規則の標準形のポインターは航海の時計に起源して、時間ために時間、分と秒間をそれぞれに単独でこの3本の針の大部分が直線同軸のの方法順列で、だから別名の3針一筋ため、に指示するその標準の帰依があります。

5/えこひいき式時間は表示します

比較的特別な配置がまだあって、時間を中央の軸心の方法にそれて表示するので、これらの顔立ちがまた称してえこひいきする時間が表示します。

6/数字が跳ぶ時と跳んで分けます

いわゆる跳ぶ時表すのは人目を引く数字の標示で時計の文字盤の下の時間皿で、毎時間の瞬間に一回脈打って時間を表示して、似ている構造が運用して分で跳んで分けるのと称するのを表示して、1分の皿の通常に分けて10桁の数と桁の数から構成するのを跳んで、同時に一瞬二桁の状況を跳びがいるだけではなくて、分のが行って動くも更に頻繁で、その構造が繁雑でしかも難度の高を作って、特にまた(まだ)苛酷な動力の問題を克服して、向かい合うのは市場でも比較的めったにありません。

7/跳びに逆らって表示します

逆に跳ぶのもポインターの表示する特殊な形式で、逆に跳んで形の配置をあおぐ通常を表示して、チップの構造の中でカタツムリの形を利用して1面がもう一つの端まで(に)そろえていく後からまた起点に跳んで戻るにコントロールのポインター瞬間逆らいに順番に当たります。

7/跳ぶ時と分を跳びに逆らいます

たくさんのブランドが採用して跳ぶ時ただ逆に分針の形式を跳んで現れるのによく合って、モデルが設計して跳びを表す時ウィンドウズによって逆らいと1分のある位置を跳んでそれぞれ相違があって、初期跳ぶ時位置の組み合わせに置いて12時にただポインターの時計のモデルに分けて“片目の人”と言う愛称がもありを跳びます。

8/衛星式は幸運です

多くのブランドは複雑な構造と時間を結合に表示して、伝統が現れて読む時珍しいの楽しみを表して、Urwerkの衛星式が幸運だのはその中の特殊な時間幸運な代表で、時間3軸でよく合って四角なものの方法の標示に立って、時間軸は自転で公転する運行によく合って時間を指示します。

8/直線式

HarryWinstonが減寸を出してことがある時と分は直線の構造で時間を表示して、もし戦車のキャタピラーの構造がダイヤモンドのチェーンを動かして頃を指示するを採用して、似ているカタピラの構造も単独で表を作成する師ChristopheClaretに採用させられのでことがあって、その上ChristopheClaretも磁力を利用してスチール・ボールボールと特殊な円の玉の浮遊状態の直線を研究開発しだして方法を表示してことがあります。

9/Papillon秒針は指示します

Papillon秒針は指示するのはブルガリを代表にして、この秒針の指導式は2つを利用してひし形のポインターのようだ交替で指示するので、その中の1匹のポインターが半分周行き終わってその後平行するのに変わる時に、もう一つのポインターはまっすぐに継続して指示を回転して、それはすばやい高速に動いて視覚の観賞性を高く備えるのを行います。