親民の価格のハイエンドは享受します――漢のミルトンの2019新型の発表会

2019年3月11日、ハイエンドの表を作成するブランドの漢のミルトン(Hamilton)は北京の三里屯CHAOホテルで2019新型の発表会を催します。イベントの現場の林列は何もの精巧で美しい時元素を計算して設計して、見学者に完璧なのが漢のミルトンの表を作成する革新性と未来発展する無限な追求を感じることができて、傑作ごとにすべてブランドの独自の特色を持つ魂を与えました。

漢のミルトン(Hamilton)、それは、は1892年の登場米国ペンシルベニア州ランカスターで、ブランドの伝奇的な軍用の腕時計の歴史を除いて以外にそれと映画のこの業界の縁が、がすこぶる深くて1932年、漢のミルトン初めて映画《上海の急行》の中見得、後で更に各類の映画の大作とすべてよく協力するのを、深耕の映画の業界の80数年持っています。

《潜水作業員の海底の戦い》(TheFrogmen)、《2001から:宇宙は2001ローミングします》(: A SpaceOdyssey)《パールハーバー》(PearlHarbor)、《火星の救援》(TheMartian)の映画の中で見に来て、映画の中の漢のミルトンの腕時計の簡単なだけではない人物の個性を形作るため、映画《宇宙間が通り抜ける》(Interstellar)の中の漢のミルトンの腕時計は更にストーリの筋の1つの極めて重要な元素を推進して、これも映画を招いて放送していた後に、多い映画ファンは次から次へと漢のミルトンがこの腕時計を出しを求めます。今のところ、5年隔てていて、ブランドはついにこの漢のミルトンに原型を注文して作らせて“マーフィーの時計”、量産を表すように出しました。

映画の中マーフィーはアメリカ航空宇宙局に戻って、自分の腕時計の中のこするこの暗証番号を写し取って解読して、助けの人類は重力を転覆して瀕死のの地球を逃げます。彼女が最後に方程式を解く時に、中央実験室に走って戻って、手稿を空中に投げて、大いに“見つかったのを叫びます!(Eureka!)”自分の重大な発見を紀念しに来て、漢のミルトンはこの語のモルのこの電信符号の明るい漆印は秒針の上、その他に映画中で有名なハイパーキューブの空間が《宇宙間が通り抜ける》美術にNathanCrowley設計を指導させられるのをこの腕時計にする表す箱、しかしを箱に表して2555制限して、だから映画の中の1か所の細部に向って敬意を表します:ミラーの惑星の上の1時間は地球の上の7年、すぐ2555日に相当します。

この“マーフィーが表す”の以外、今年探険のシリーズVENTURAはまた(まだ)1モデルの非常に格好が良いサイドオープンの自動的に機械的な限定版の腕時計を出して、霊感は映画《スパイダーマンに生まれます:英雄は帰って来て》、技術の方法を通して力強い設計が成立して、999制限して、内部はH―10を搭載して自動的に鎖のチップに行って、動いて80時間蓄えて、2019年に5月に発売して、しかし政府によって応対して、この腕時計は前売りする時便はすでに基本的にやはり(それとも)暇、この腕時計を非常に人気がありを売価の人民元の15450元を売りましただから。

上述の2モデルの特選のおすすめの新作の腕時計の以外、別に漢のミルトンのシンボル的な“ドリルの海、6、空いている3つのシリーズ”の新型の傑作があります。