ステンレス、貴金属とチタン合金以外殻の材質を表し

ステンレス、貴金属とチタン合金以外殻の材質を表して、広がっている1筋の異なる材質の運用する潮流があって、この批異軍は2019年のジュネーブの時計展から突進します。

機械的な腕時計の消費の主流を向こうへ行って、大口に貴金属をしを最もにして、特に黄色のK金、白いK金、甚だしきに至ってはプラチナの金、プラチナの金の材質の腕時計もプラチナのゴールド価格が高いのため定価を表すのが高すぎて、貴金属とステンレス製は依然として時計の市場の上最も主流ですが、しかし今もう以前の非金属の腕時計のいけない時代のようでなくて、今のところ時計は市場の更に重んじる技術と稀有さ性の材質を作って、甚だしきに至っては科学技術の材質を引用して腕時計設計の可能性を拡充しに来ます。

或いは科学技術の材質は一体非金属の異なる材質は永遠に継続する価値があるかどうか?やはり(それとも)このただ線香花火のような潮流ですか?私はこのような問題に対して解答がなくて、でも私は異なる材質の価値が3時(点)があるべきなことを判断すると思います:材質の永久の丈夫さ、制作技術の重んじる性、および材質の稀有さ性。実は以前の2百年の時計の歴史の中で、たくさん非貴金属の材質の時計の作品がも現れてことがあって、木質、銀の質、瑪瑙、宝石などで、近代の腕時計の珍しい金属の材質の変化、ずっと20世紀末葉まで、陶磁器の材質、チタン金属の材質はやっと次第に現れて、これは目下両者もだんだん材質の舞台の上の主流の中の一つになります。

実は天然の材料のだんだん有限になる状況の下にあって、すでにいくつかの伝統の材質にその物理の特性の制限する情況があって、時計界はずっと新しい表を作成する材質と方案を求めていて、伝統の観念を向こうへ行って貴金属で徴身分、貴金属に似ていて貨幣の価値を保持する概念に取って代わって、すでにだんだんもう1度しかも時計の製品の自身の市場の話題と価値まで(に)移転するのに会わないで、俗称〝社会的地位〞で、このような腕時計の価値の見方を評価して、すでにもうなくてただだけにこだわりました:貴金属は価値を保持する保証、或いは唯一の象徴財産と地位の標的を持ってきます。もっと多いのは工芸品の自身の技術の価値に着眼して材質、技術と標的の自身の付加価値にあげて、将来の腕時計の作品の価値は評価して、きっと更に芸術品に面して観点を鑑別評定します。