世紀の腕時計、七色が彩り豊かで美しいです

世紀表して最も特別な1時(点)にその時計の殻にあって、採用するの世紀独占で研究開発するサファイアの行為が殻を表すのです。世紀のサファイアの天然でないサファイア、しかしその光学と物理の属性と天然のサファイアが等しくて、そのモース硬さは9で、モース硬さに次ぐのは10のダイヤモンドで、だからサファイアに対して磨き上げるのが採用のを切断するすべてダイヤモンドの切断技術を行っています。世紀のサファイアはこのように独特で、しかし創始者Hans-Ulrich Klingenbergはこのに満足しないで、絶えず研究して、サファイアのためにきらきらと美しい色を与えました。

Couture_832.9.S.95.12.CFK
832.9.S.95.12.CFK

これがシンプルな中にまた豪華な感の腕時計に付いていて、すべての人手の切断して磨き上げる技術を採用して、赤色の宝石は殻を表して、人に色とりどりの花が美しく咲き乱れる視覚が衝撃するのをあげて、またまるで赤ワインにぽたぽた滴りますと、心の間に流れ込みます。優良品質ワニの皮バンド、材質がしかも富む強靭性が柔軟で、つけるのは更に心地良いです。溶ける繁雑なのは簡単であるで、デザイナーは目盛りを捨てて、ただ2つのポインターだけを残して、完全なのは宝石の赤いのを保留して、こんなに精致な時計のモデル、とっくに腕時計で気取ることはできなくて、更に1つの貴重な真珠や宝石のようです。

Couture_832.8.S.70.12.CEK
832.8.S.70.12.CEK

あさぎ色で深緑で、まるで林の間から跳び出す精霊、持っているのはきゃしゃでいきいきで腕白です。ダイヤモンドの技術の明るい式は32が面を刻んで殻、屈折のまばゆい明かりを表しを彫刻するのを製造するのを切断します。純粋な銀のトフィーの針は目盛りの表面がないにぐるぐる回って、時間のノンワイヤー、点滴は胸のうちにあります。高質のワニのサメ皮は緑色にくるまれて、控えめの内で集めます。

Couture_832.70.S.77.12.CXK
832.70.S.77.12.CXK

グレー、色調皿の上で最も人の忘れる色やすいですに、赤いのようではないのが熱烈で、同じく黒いほうがいいのが濃厚で、墨のようだ水の中で、かすかに推し量りにくいです。グレーがサファイアにあう時に、焼き入れして精錬を磨き上げて、やみ夜の中の精霊に変身して、32が面の光芒を刻むのがきらきら光ります。12粒のダイヤモンドは時計の文字盤を象眼して、純粋な銀のトフィーの針と持ちつ持たれつで更によくなります。蛍の火の光も明月の光に変わることができます。

Couture_832.6.S.65.12.CRK
832.6.S.65.12.CRK

少しの会は紫色が腕時計の上で運用するのを見て、紫色は比較的低く沈んでいて、ちょっとあまりよく見通しがつきないのを見ます。この世紀全体を表して紫色を使って、それぞれ段階があります。サファイアは殻を表して紫色と組み合わせて、32は面の放射光線を刻んで青蓮の紫の効果が現れます。目盛りの時計の文字盤がなくてブドウの色で、純粋な銀のトフィーの針とよく合って、濃淡は良くて良いです。ワニの皮バンドが誇張させられるのがパンジーになる紫で、柔軟な皮質とよく合って、心地良く貼って従います。