まばらなののを高いにするだけではなくて、巧みにしかもめったにない者の更に高いRM絶版にする稀少な時計のモデル

人々は常に物がまばらなののを高いにすると言って、ある程度多少道理で、しかしRICHARDMILLE腕時計はずっとただまばらに欠けるだけではなくて、一部のデザインは更に精巧でしかもめったにありません。

よく聞く人がいて、一体RICHARDMILLE今の社会的地位と評判は意外に偶然に一致して名やはり(それとも)本当だまで(に)帰るのですか?私はこの問題に対して回答をしたくなくて、高級な腕時計を鑑賞してただ表面が定価とウリの大衆の討論の熱を食べるのを見るのに行くべきでないため、私はここでただいくつかRICHARDMILLEブランドの創立する初めの数年の内ので創造した傑作を言いだけたくて、行って(一方的だ)客観的にはの市場の価値と私の主観的な鑑賞の見方でこれらの作品を見てみて、更に観察してその未来の可能性向かいに行きます。

2016年11月サザビーズのジュネーブのオークションと2017年5月の富芸斯の香港のオークションの上で、RICHARDMILLE通し番号RM001のプラチナの材質は、用意して表示する陀はずみ車を貯蓄して腕時計を設置するねじり力と動力があって、それぞれそれぞれに約2百万人民元の取引価格を撮影していて、これはもちろんRICHARDMILLE腕時計の価格の最高な記録ではなくて、でも確かにRICHARDMILLE市場の価値のその中の1つの指標を観察するのです。

2017年5月に香港の富芸斯は取引価格の約2百万人民元の高値でRICHARDMILLEプラチナのRM001を撮影します。