波は襲ってきます!オメガが退出して、ロンジンが、艾美から退出して、昆侖から退出して、つぼみの蒙威から退出して退出します…….

今年7月末、時計グループSwatchGroup総裁NickHayek宣言、このグループは2019年から世界で最大の時計の展会BaselWorldから退出するのを、もう参加しありません。インターネット、交通の発展に従うためで、腕時計の業務はすでに“更に透明であるようになって、更に速いリズム、更に自然だ”、すでにもう伝統の展会が必要でありませんでした。

時計グループSwatchGroupの前身はスイスの表を作成する商ASUAGとSSIHです。以前はSSIHとASUAGはそれぞれにすべて多くて有名なスイスの腕時計のブランドを持って、両者が誕生のSwatchGroupを合併するのはきっとスイスの表を作成する業のビッグマックです。所属のブランドは以下を含む:ブレゲ、海瑞とウィンストン、ブランパン、格拉蘇蒂のオリジナル、ジャークのドイツ、Léon Hatot、オメガ、ロンジン、レーダー、Union Glashütte、ティソ、巴のなんじのマン、雪の鉄は刺し縫いします、米度、ハミルトン、CK、Swatch、FlikFlak…..

今回、SwatchGroup総裁NickHayek宣言、このグループが2019年からBaselWorldに参加しないを展也に表して所属のブランドを代表しているも皆退出ができます。同時に、所属の18の時計のブランドが参加しないで展毎年を表す3.4億人民元の出費を節約することができます…..

SwatchGroupは公告を出しを宣言した後で、Baselは展の背後の催しの方也を表してきつくと声明を出して、調整するのを始めるのを宣言して、それぞれの時計のブランドの出す意見は自身に対して整理改善して、挽回を試みたいです。しかしSwatchGroupの誘発する“退出する”の波はますます激しくなりを始めます…..

9月26日、時計のブランドRaymondWeilつぼみの蒙威はバーゼルを離れて展を表しを宣言して、以前はこの会社はすでにバーゼルの時計展の上で展示して40年を上回りました。それは一回参加して100万瑞郎、約人民元の690万を使います。退出する原因に関して、ブランドCEO ElieBernheim表示、市場と消費者の行為の変遷ははっきり表明して、バーゼルなどの展会はもうブランドの需要に合いありません。

10月10日、時計のブランドCorum昆侖はブランドができないで参加して2019年にBaselが展を表すでしょうを宣言します。以前は彼らはすでに連続して62年、Corum最高経営責任者Jトrに参加しましたか?meBiardは比較的婉曲に原因を釈明しました:1.今売ります。 2.以前はの販売方式は問題を解決できないで、彼らは調整が必要で、意味の展会調整させられた対象の中の一つがありません。 3.予算が有限で、お金がありませんでした。

今日にあって、バーゼルに参加して展の30年を表す後で、Maurice―Lacroix艾美も2019年の展会から退出するのを宣言します。