愛の神、MasterMinuteRepeater3は腕時計の物思いを聞きます

感心するずば抜けた技術を展示するため、ジャガー・ルクルトは4枚のすばらしい画の中の一つを行う愛の神のビーナスを選んで肖像画を描いてテーマになって、MasterMinuteRepeater3のために腕時計の時計の文字盤にエナメルの彩色上絵を行いを飾る聞きます。創作のインスピレーションは多数の方面で源を発して、イタリアのルネッサンス、スペインのキャンパスとフランスの古典主義をめぐるのは核心です。ジャガー・ルクルトのエナメルの彩色上絵師達は創作のインスピレーションとしてその中の典型的なイメージを選び取りました:ボッティチェリの“ビーナスの誕生”(The Birth of Venus)を含む、よい匂いがする“黒いなんじが承諾するビーナスに比べて”(The Venus ofUrbino)を持つ、韋拉斯克斯の“鏡の前のビーナス”(Rokeby Venus)とアングルの“海の中で昇るビーナス”(Venus Anadyomène)。

並外れている表現力以外、これらの傑作もMaster Minute Repeater3と腕時計に時計の文字盤の縮小するバージョンが一致するのを相当する聞きます。ジャガー・ルクルトの時計工場が彼らの心の中で敬慕する画家とMaster Minute Repeater3を腕時計に聞いて水晶の類は軽快で耳に心地良いベルの音が巧みに結び付け始めて、豊富で清浄な時間を知らせるベルの音はこの領域の最も先進的な突破です。しかし、この4モデルのただ1つのデザインのが価値を秘蔵するのためを保証する、腕時計が用意するだけではなくてあるいは時間分が表示するのがあります。時計の文字盤の上に2つの付加の表示があって、このような便利さを設けてまたを読みやすいことができる質素で簡単に含蓄がありを表示して、決して人目を引きありません:両ぜんまいの箱の釈放するトルクを通じて(通って)4時に位置を設けて、動力が貯蓄して8時に位置を設けるのを表示します。