何は“3針一筋”で、ポインター(Regulator)を規範に合わせて紹介を表します

時計の針、分針、秒針の根は分立して、それぞれひとつのが円を刻んでまじめにこつこつと行きを占めて、3本の針の尾はすべて12時~6時続けてなる直線の上で落ちて、この奇抜な外観を持つ便はポインター(Regulator)を規範に合わせて表すので、表していて常に如実に“3針一筋”と称するに口の中に迷います。

航海が読む時から工場の親子時計まで(に)
3針一筋は決して苦心惨憺して時計の文字盤上でまばゆい設計のデザイナーの研究しだす新型の時計のモデルをするのではなくて、相反して、ポインターを規範に合わせて表す“3針”がモデルの1人の員を表すのとして、大衆の時計のモデルの上で大きい3針、小さい3針の風向きに到着することができないが、同様に悠久の歴史を持って、鉄道、航海の事業のためにスイスのたくさんの制表工場に親子時計の様式、それによって基準ゲージ時間として傑出している貢献、をしましたそして。
ポインターの表す由来を規範に合わせて意見が入り乱れます。一説には18世紀の上に半分葉の現れる航海の時計に始って、海員達が海に出て精確なのが読みが必要な時のため、そこで3針が互いに邪魔しない幸運な方法を分立して読み時と配置がよく航海の需要を満足させました。この種類は私達は航海する時計の父のジョンとハリスン(JohnHarrison)の発明する第1台の航海の時計H1中少しの手がかりに会っていることができます。
でもその時時計の技術をつくって努力して時計からだを縮小していたため、そこでジョンとハリスンの名高い第4世代の航海の時計H4はすでに大きい3針の形式のため進展変化しました。ここから人々はだんだん“規格のポインター”に対して大きくて古風で質朴な印象を形成しました。
18世紀の後半、時計の工場達は次から次へとポインターを規範に合わせるのに対して濃厚な興味が発生して、でもこの興味はそれを決して製品につくって売り出すのではなくて、とても大きい親子時計が置いて工場の中で参考をする時として計算するので、聞くところによると3針ため保証幸運なのを分立したのがもっと精密で正確で、でも研究者を落札してそれ“と幸運な精密で正確な度関係が大きくないと思って、優位が主に読みにある時便利で、直観的です。”