全世界の最大の“チップドリームワークス”Manufacture Blancpainブランパンのチップ工場

有名なFredericPiguet工場は去年に10月に正式にManufacture Blancpainブランパンのチップ工場と改名します。前の労働者の仕事場と同じ流れを汲んで、でもここは更に“工場”の気迫があって、もがただ4,5層の高さ、しかし単量体の面積が巨大で、聞くところによると500名の表を作成する師を入れて同時に働くことができます。

この時計工場の前身、FP工場は1858年に創始して、ずっとトップクラスの腕時計のチップの研究開発に集中して製造して、世界の有名な腕時計のブランドのためにただハイエンドのチップだけを提供して、現在のところの全世界の規模の最大の高級チップ工場です。少しも疑問がないで、彼はすでにスイスで最も良い独立チップメーカーの列に登りました。ここは1基の正真正銘の“チップドリームワークス”で、ブランパンを除いて、ここもパテック・フィリップ、バセロン・コンスタンチン、ブレゲ、ために彼らのブランドがチップを提供するのが好きです。FP工場とブランパンは40年の協力の歴史があって、過去の3年余り中でだけあって、ブランパンは11の全く新しいチップを発表しました。その中はと軸がラッセルを押さえる表を作成する業の創始する1分があって、ブランパンに真っ先に“故宮博物館の初の典のチベットの腕時計”の誉れを獲得したように代表します;更に全天候に付いていて学校の機能を加減するのがいて、8日の動力の全暦の月相のなどの重要な一里塚に集まってモデルを表します。

紙の上で彫刻したい略図の図案を描きだします。

陀の形と位置を並べるによって略図の一部分を切り取ります。

略図の細部を、ふくよかな化、精確な製図に細分化します。

製図はすでに等比例は振り子陀の上で完成を彫刻しました。

陀を並べるのを一部は入って底を表しに設置して、図案は陀のスポーツを並べて揺れ動きに従います。

図解は陀金を並べて彫ります

客制化(顧客の要求のオーダー制によって)の金が時計のモデルを彫るのはブランパンが有名な表を作成する専門の中の一つを表すのです。金は大家を彫って硬貨の大きさの高いメタル・プレートのようだ上で生き生きとしているトーテムを行って彫刻して、仕事がはかどって感動させる偶数を製造して、殻の底が陀をかぶせるか並べる上の金を表して図案を彫ります。このような技術は顕微鏡の下で小型のたがねで必ず図案を行って彫り刻まなければなりません。ブランパンの表したのが予約して表を作成するモデル中で、金は大家を彫って顧客の選んだ図案によって彫刻装飾を行って、完成する腕時計の作品もただ1つの芸術の作品であるでしょう、しかも全世界のために制限するただ貴重な収集。