オメガのハイエンドが表す中に陀はずみ車を置きます

オメガの最もすごい複雑な時計、中に陀はずみ車を置きます。主流の腕時計の商標の中で、オメガの製作の中で陀はずみ車(単独でとは言えなく表を作成する人)を置くしかありません。セイウチ、星座、がとてもこれらの時計を奪い取ってとても怒ったため、多くの人は決して知っていなくて、オメガはこんなに複雑な時計がまだあります。

1994年に、オメガは世界で第1匹の“中が陀はずみ車を置く”を出しました。当時の資料によって、この時計、オメガの集中したスウォッチグループの最も優秀な研究開発チームで、開発してなりますの。腕時計技術に対して理解する人、すべて見つけることができて、この時計は1匹の中で陀はずみ車を置くだけではなくて、その上それとも1匹の神秘は表します。陀はずみ車は腕時計の盤面の中央に位置して、陀はずみ車の覆う台はオメガLOGOの造型で、腕時計の時計の針、分針、実際には印刷して2層の回転する透明なサファイアのガラスの上で(一層が時計の針、一層が分針だ)を上り下りしているので、殻へりの歯車を表して、非常の牛に駆動するのを使います。普通な陀はずみ車に似ていないで、ポインターは陀はずみ車に対して遮るものがあります。

オメガの中でチップの配置が特殊なため陀はずみ車を置いて、2つの時計の冠があって、3時の正常な表す冠のにあげることしかできない(オメガの中で陀はずみ車を置くのが自動的に時計だ)、殻の背面の表す冠を表すのは時間を加減したのに用いるのです。オメガの中で陀はずみ車を置いて2つとても“非常に不思議な場所”があります。まず、オメガの中で陀はずみ車を置くのは1匹の自動上弦陀はずみ車です;二つは、オメガの中で陀はずみ車を置いて認証する天文台がもあります。各位の先輩のプレーヤーはすべて知っていて、今の市場陀はずみ車、たくさんすべて“見かけ倒し”で、実際に幸運だのが正確に動かないので、オメガの中で陀はずみ車を置いてなんと天文台の認証があって、毎日の誤差+6/―4、その上1994年に出したので、たいへん人に驚かせさせます。

オメガの中で陀はずみ車を置いてバラの金、プラチナの金、ラインストーンの各種のバージョンがあって、異なるバージョンの公の価格は百万左右百万以上まで、公価格の最高なバージョンは400数万まで達することができます。必ず聞くでしょうる人がいて、こんなに高い公価格のオメガは人がいてか買いますか?買う人がいて、私が国内にこの時計があるチベット家がありを知っているため、普通な人もこのランクの時計を買うことはでき(ありえ)ないです。さすがにオメガの中で陀はずみ車を置くのが世界の第中で陀はずみ車を置くので、主流の腕時計の商標の中で唯一であるで、オメガの複雑な時計の実力を代表しました。