貴金属の純度の印

–貴金属の純度の印—

周知のように、黄金の材質が柔軟です。このような金属は殻を表して、ボタンを表しをつくることができますが、しかし受けやすいのが損です。だから笑わせどころのブランドが純金を使って作りに来る外のためいくつかを投げ捨てて、ほとんど全部のブランドの採用したのはすべて黄金を主体の合金の材料にするのです。

このような合金の材料の中で、最も流行っているのは75%の黄金が25%のその他の金属のが混じりと体に合います。このような割合の合金の材料、“750”あるいは“18K”と称させられます。この2つの数字の代表した意味は黄金の合金を占める比率が正に千分の750なるで、あるいは24分の18と称します。

75%の黄金の混じる体に合う会はその他の金属の種類割合とのと違いのため異なる色と硬度が発生します。

その中の18のkプラチナの中でその他に25%のその他の金属が普通でニッケル、銀、パラジウム、マンガンなどで、これらの金属のが加入して黄金の色を白色にならせ。

18kの赤い金の色の出所は主に金属の“銅”で、人々はすでに異なる通し番号を使って定義のその水質指標の色度の変化、3N赤い金(成分が75%純金、13%銀、12%銅のため)、4N赤い金(成分が75%純金、9%銀、16%銅のため)、5N赤い金(成分が75%黄金、4.5%銀、20.5%銅のため)に来に慣れました。見ることができて、加入する銀が銅がもっと少ないのはもっと多くて、その色合いもだんだん偏っていて赤いです。

だから時には、私達もいくつかのブランドの印処理上で見えることができて、純度の750を代表するのがいるを除いて、それに18k金の組成成分の比率のの“N係数”を使ったように代表するのがまだいます。

注意する必要があったのは、18K赤い金会はブランド、産地の異なりのため違いがあります。甚だしきに至っては同一のブランドの同一の時計は軽微な色収差もあって、合金の製作がバッチ番号の相違があるため、全くそっくりなことを保証することがあり得ません。

18kの黄金、赤い金、プラチナを使って、普通は付ける印を表示するのが“750”あるいは“18K”です。プラチナの金ところが1つの例外、それが付けるのを表示するのは“PT950”です。その中のPTは“Platinumプラチナの金”の略語で、950は純度の意味です。