高級は表を作成しますvs“豪華だ”の腕時計

風刺したのは、量を検索して呈して態勢(2013年の第3四半期に―6%のため)に下がるスイスの高級の時計類がしかありません。スイス国内は高級の表を作成する関心度に対してある程度下がったけれども、しかしところが全世界範囲内盛んな増加にあります。高級の表を作成する類は度が16%増加するのに関心を持って、別の2つの肝心な分類に比較して量を検索してある程度下がって、その増幅はますます1本が最も優れているのに見えます。

2つの肝心な分類の中で、中の一つはファッションが(ファッション界あるいは高級な真珠や宝石界の有名なブランドの製造から)を表すので、度の急降下する10%(2013年の同時期と比較する)に関心を持ちます。もう一つの分類は高級な腕時計類が度の下落する7%―は私が表す中に高級の表を作成する類の下、威信名の時計類の上に位置するのに関心を持つのです。

風刺したのは、量を検索して呈して態勢(2013年の第3四半期に―6%のため)に下がるスイスの高級の時計類がしかありません。

程度を沸き立たせるによって分けに来て、ネットワークの消費者の関心度は同時に下がって恐らく2種類の主要な業界の発展の傾向を反映します。その一として、贅沢品の消費者はだんだん単純な時計に心を引かれていてブランドを製造して、あれらを飽きてすべての消費者に向かって、製品の含まないものはないブランド。その2として、消費者がだんだん金を使いをいかなるあまりきんでていない製品に買っていたくないため、“中級品”の贅沢品の市場は確かに危険な状態にある中です。

威信名が分類を表して度が6%上昇するのに関心を持って、その関心度はネット上の総関心度の55%を占めて、これより分かるのは各国の消費者は依然として“贅沢品”の概念に対してとても興味を持って、しかしも同様に“価値”の概念に関心を持ちます。今日、或いは消費者はきんでている腕時計を買って或いは機能性腕時計を買って、両者の全て用意した中性の腕時計の興味についてますます減らします。

今日、或いは消費者はきんでている腕時計を買って或いは機能性腕時計を買って、両者の全て用意した中性の腕時計の興味についてますます減らします。

消費者はまたごまかすことはでき(ありえ)なくて、誤って製品の上で表示するのでさえすれ(あれ)ばヘビー級のブランドのブランド名があると思って、それなら確かに贅沢品がまちがいなくなったです。これは市場が別に流行のブランドの腕時計の分類の拡張あるいは自動車のブランドの生産する住まいの用品の拡張を妨げると言いなくて、これらのブランドの製品の存在を説明したのだのは少なくとも1つの論理的、真実で信用できる理由があったのです。

情報化時代に、贅沢にだんだん見解と認識を代表していて、それによって地位が現れてあるいは誇示しただけではありません。つける腕時計のブランドの歴史を知っていて、ブランドの特殊な場所を理解して、これは贅沢であるです。複雑な機械の時計を理解して、あるいはVoutilainenこのようなブランドそしてのようだ知るため喜んで、これは贅沢であるです。