ナポレオン皇后の18K金は表して、130万ドル撮影します

07年に、フランス第一帝国の皇帝のナポレオンの妻――のジョセフィーヌ皇后のひとつの金は表してスイスジュネーブで130万ドルの価格を撮影しました。

このつの歴史の価値をかなり備える18K金は表してエナメルのむつまじく楽しいドリルで飾って、上質加工、デザインは貴重で稀有で、1800年にスイスの傑出している時計の職人に出て地雷(水雷)を仕掛けて手をかぶせます。12日、このブロックリストはクリスティ競売店から150万スイスフランの(約130万ドル)の価格でオークションして、最初にクリスティ競売店は20万瑞士法のため値段を見積もります。聞くところによると、競売店はなくて買い手のいかなる情報を漏らします。

この金が表すのは1モデルの“タッチ時計”で、金の表すポインターは外付けので、かぶせてポインターに触れるのを表しを開けることができて、時計の人をこのように連れて時計を見ることができる必要はなくて、ポインターに触れるを通じて(通って)時間を知っていに来るのです。“時計に触れる”はスイスの有名な表を作成する職人のルイ・ブレゲが1790年左右発明したので、その時このような時計は外部のために決してしっかり見たのでありません。

ジョセフィーヌ皇后は1799年に3000スイスフランでこの金を予約購入して表して、金の時計の上のダイヤモンドは1804年に埋め込みしていくので、ちょうどナポレオンでフランスで帝位につくのが間もありません。その後ジョセフィーヌ皇后は時計を伝わって彼女の娘の霍頓斯にあげて、霍頓斯は1802年にナポレオンの兄弟のジョゼフと結婚します。1806年、ナポレオンはジョゼフオランダの国王になって、霍頓斯は自然とオランダの皇后になって、正に当時にで、この金は表して“H”のこの字母を彫刻させられました。