パイロットのジャンバーの基本スペック――bomber watch

米国の第二次世界戦争の時期の腕時計のブランドの威のグラムのマン(Wakmann)に源を発して頼って精密で必ず軍用の時計算する範疇と流行の腕時計の設計の分野の長年に経験して、威のグラムのマンの腕時計設計はすばらしい技術と流行設計の間で万事順調にいきます。

威のグラムのマン(Wakmann)の創立者の威のグラムのマン先生(IckoWakmann)はロシアのユダヤを出す子孫人で、2回の世界大戦は初期郷里を遠く離れて行ってポルトガルまで(に)腕時計の業務を経営して、更に多数のヨーロッパの高級の腕時計のブランドと協力しのでことがあります。1943年初の威のグラムマン先生は米国国内の多くの腕時計のメーカーをしっかり見て米国の軍の側のために軍用設備を製造する尽力しなければならなくて、商業の常用時の計算する業務に両方に配慮を加えることはできません。そこで彼はニューヨークに行って時計のブランドに発展するのを決定して、すぐ得て米国の軍の側の正式の供給業者に委任して、米軍がきんでている品質を供給する時のために計算します。戦後にの1946年、威のグラムのマン先生はニューヨークで正式に威のグラムのマンの腕時計会社(WakmannWatch Company of NewYork)を創立してそして翌年にニューヨーク取引所で発売します。1950年代に、威のグラムのマンはスイスのジュネーブ飛行時計ブランドブライトリング(Breitling)と協力しのでことがあって、共に一連の「ブライトリング-威のグラムがしなやかだ」専門のタイマーのシリーズを出します。威のグラムのマンが製品を出す時計算する手紙は四大範疇を含んで、専門のタイマー(Timers)を含みます;合って最新で軍用の技術水準の専門の航空の時計算します(AviationTimepieces);スポーツ型と多機能の腕時計;流行の腕時計。